コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケープコースト Cape Coast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケープコースト
Cape Coast

ガーナ南部,ギニア湾にのぞむ港湾都市。セントラル州の州都。アクラ西南西約 125kmに位置。現地ではグア Guaまたはオエグア Oeguaと呼ばれる。気温は 21~32℃前後だが,多雨多湿 (湿度 90%前後) でしのぎにくい。 1652年スウェーデン人が城塞を築き,その周囲に町が発達。 64年イギリス支配下となり,1877年までイギリス領ゴールドコーストの首都,主要港,商業中心地であった。現在は商業,水産業,教育の一中心地で,大学もある。人口5万 7224 (1984) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケープ‐コースト(Cape Coast)

ガーナ南部の港湾都市。ギニア湾に面する。17世紀半ば、スウェーデンが城塞(ケープコースト城)を建造したことに起源する。その後、英国に譲渡され、奴隷と金の交易拠点として栄えた。1821年から1874年まで英国領ケープコーストの首都が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ケープコーストの関連キーワードサザランドエルミナアウノーアイドゥベナン湾ガーナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android