コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲジゲジシダ ゲジゲジシダPhegopteris decursive-pinnata

3件 の用語解説(ゲジゲジシダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲジゲジシダ
ゲジゲジシダ
Phegopteris decursive-pinnata

オシダ科の夏緑性シダ植物。日本の本州中部からインド北部にかけて分布する。平地または低山の崖や石垣などに普通に生える。葉は 50cm前後に達し,羽片の基部が翼状につながり,葉全体に毛を密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲジゲジシダ【Thelypteris decursive‐pinnata (van Hall) Fée】

山野に雑草的にみられるヒメシダ科の夏緑性シダ。羽片の裂片が中軸に流れ,上下の羽片が裂片でつながるようにみえる葉面が,一見ゲジゲジのような姿になるので,この奇妙な名がついた。根茎は斜上するか,短くはう。葉は叢生(そうせい)し,2回羽状中裂,大きいもので長さ60cmくらいになる。下部の羽片がしだいに短くなるので,葉面は披針形となる。葉柄基部につく典型的な鱗片から,葉面につく毛に近い鱗片まで,さまざまの形の鱗片がみられるのもこの種の特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲジゲジシダ
げじげじしだ / 蚰蜒羊歯
[学]Phegopteris decursive-pinnata (van Hall) Fe

オシダ科の夏緑性シダ。葉は束生して披針(ひしん)形、1回羽状に分裂し、中軸にジグザグ状の翼がある。裂片の縁の近くに胞子嚢(ほうしのう)群が生じ、包膜は円腎(えんじん)形で早落性。東北地方南部以南の明るい林縁や斜面に生育する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone