コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルマニクス Germanicus Julius Caesar

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルマニクス【Germanicus Julius Caesar】

前15‐後19
ローマの政治家,軍人。ティベリウス帝の弟N.C.ドルススの長男,大アグリッピナの夫。紀元4年にティベリウスの養子となり,若くしてパンノニアやゲルマニアに従軍し,13年にライン川方面の軍司令官となった。14‐16年にはゲルマンの諸部族と交戦し,多くの功績をたてた。17年にティベリウスにより東方属州の上級命令権を与えられアルメニアやアシアを巡察したが,19年シリアのアンティオキアで急死。一説では,彼と対立していたシリア総督ピソとティベリウスによる毒殺とも言われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルマニクス
げるまにくす
Germanicus I(J)ulius Caesar
(前15―後19)

古代ローマの軍人、政治家。アウグストゥスの妻リウィアの孫、2代皇帝ティベリウスの甥(おい)。アウグストゥスは大叔父、第2回三頭政治のアントニウスは祖父にあたる。アウグストゥスの命でティベリウスの養子となる。紀元後12年と18年のコンスル。アウグストゥスの晩年、ティベリウスと交替し、属州ガリアとライン河畔の軍隊を指揮し、ガリアの財産査定を行い、ゲルマン人に対する戦いに勝利を収めた。17年東方属州の統治を委任されたが、19年10月10日シリアのアンティオキアで病死した。妻の大アグリッピナとの子に3代皇帝カリグラ、ネロの母小アグリッピナがあり、4代皇帝クラウディウスは弟にあたる。[島田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゲルマニクスの言及

【アグリッピナ[大]】より

…ローマ初代皇帝アウグストゥスの孫娘。M.V.アグリッパとアウグストゥスの娘ユリアの間に生まれ,ティベリウス帝の養子ゲルマニクスと結婚。夫の,ゲルマニアや東方への遠征に同行したが,19年のシリアでの夫の急死をティベリウスによるものと疑い,彼と対立。…

※「ゲルマニクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲルマニクスの関連キーワードクラウディウス(1世)クラウディウス[1世]アグリッピナ(小)トイトブルクの戦いアグリッピナ(大)アグリッピナ[大]アントニア(小)アルビノウァヌスタブラ・ヘバナブリタニクス12月15日アルミニウスバタウィ人チベリウスドルシラカリグラセヤヌスマルシ人島田

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android