コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルリッツ Görlitz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルリッツ
Görlitz

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ドレスデンの東約 90km,ポーランドとの国境をなすナイセ川 (ラウジッツァーナイセまたはゲルリッツァーナイセともいう) 左岸に位置する。 11世紀にスラブ人の町として興り,1303年都市権を獲得。中世には織物業の中心として栄えた。 1635年それまでのボヘミア領からザクセン大公国の一部となり,1815年プロシアに編入。古くからオーバーラウジッツ地方の中心で,現在も車両,機械,織物,電子機器などの工業が盛ん。聖ペーテル・パウル教会 (1423~97) ,14世紀の城塞など歴史的建造物も多い。第2次世界大戦後ナイセ川右岸の地区はポーランド領となり,ズゴジェレツと呼ばれている。人口7万 2237 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲルリッツ(Görlitz)

ドイツ東部、ザクセン州の都市。ポーランドとの国境を流れるナイセ川に面する。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。第二次大戦後、ドイツとポーランドの国境として適用されたオーデル‐ナイセ線により、旧市はナイセ川で二分され、東岸はポーランドに帰属しズゴルゼレツと呼ばれた。中世には塩や麻などの交易で栄えた。哲学者のヤコブ=ベーメの出身地としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゲルリッツ【Görlitz】

ドイツ東部,ザクセン州の都市。人口7万(1991)。オーデル川の支流ナイセ川に沿う。車両・機械製造・繊維工業がある。1220年ごろに建市,16世紀半ばまで商業都市として栄えたが,のち衰退し,18世紀に復活した。ルネサンス様式ではドイツ最古といわれる市庁舎などがある。第2次大戦後オーデル・ナイセ国境により分割され,ナイセ川東岸部分は現在ポーランド領に属しズゴジェレツZgorzelecと呼ばれる。【下村 由一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲルリッツ
げるりっつ
Grlitz

ドイツ東部、ザクセン州の都市。1949~90年は旧東ドイツに属した。ポーランドとの国境を流れるナイセ川に沿う標高210メートルにあり、人口6万1600(2000)。東経15度にあり、中央ヨーロッパ時間の標準時都市である。第二次世界大戦後、旧東ドイツ政府のオーデル‐ナイセ・ライン国境承認によって、ナイセ川の右岸部分はポーランド統治下に入り、ズゴルゼレツZgorzelec(人口3万5100。2002推計)とよばれている。多様な工業がみられ、車両、光学機器、電気、機械製造、さらには紡績、織布、衣服工業も行われる。1100年ごろに創設された町で、13世紀以来オーバーラウジッツ東部の中心地であり、ボヘミア、シュレージエンとの交易において関税自主権とタイセイ(青色染料)の専売権をもっていた。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゲルリッツの関連キーワードコーン(Jonas Cohn)ハイデルベルク綱領オーデル=ナイセ線フリョーディング独ポ善隣友好条約ベルンシュタインシュレジエン問題ジョナス コーンミーラ ローベエルフルト綱領カールバウムジルバーマンメレンドルフチルンハウスデュロックデーメルトメシアンベーメヒラー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゲルリッツの関連情報