コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲレス Görres, (Johann) Joseph von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲレス
Görres, (Johann) Joseph von

[生]1776.1.25. コブレンツ
[没]1848.1.29. ミュンヘン
ドイツの学者,思想家。 19世紀前半のドイツ・カトリックの精神的指導者。 1806年からハイデルベルク大学に移り,アルニム,ブレンターノらのロマン派作家とともに『隠遁者のための新聞』 Einsiedlerzeitungを刊行し,中世詩の研究『ドイツ通俗本』 Die teutschen Volksbücherを著わした。 08年には生地コブレンツに帰りペルシア語を研究して,10年『アジア世界の神話史』 Mythengeschichte der asiatischen Welt (2巻) を著わした。 13年ナポレオンの衰退とともに高まったドイツ民族主義風潮の先頭に立ち,14年2月には『ライニッシャー・メルクール』 Rheinischer Merkurを発刊,その革新的精神はプロシア政府による発行禁止を招き,19年『ドイツと革命』 Teutschland und die Revolutionにより逮捕状を発せられて,ストラスブール,次いでスイスに亡命した。その後,政治的幻滅を感じ,カトリックに帰依,ウルトラモンタニスムスと神秘主義を唱え,27年バイエルン王ルートウィヒ1世に招かれてミュンヘン大学教授となった。晩年の著作に『アタナシウス』『キリスト教神秘主義』 Die christliche Mystik (4巻) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲレス【Johann Joseph von Görres】

1776‐1848
ドイツのジャーナリスト,学者。コブレンツの生れ。青年時代はフランス革命に熱狂し,その信奉者となるが,やがて幻滅を感じ,政治から離れた。しかし,1814年,政治新聞《ライニッシャー・メルクール》を創刊,みずからも反ナポレオンの論陣を張り,解放戦争のもっとも著名なジャーナリストとなる。同時にオーストリア指導下の統一ドイツの立場と自由主義的傾向から,プロイセン専制にも反対し,新聞は発行禁止処分(1816)をうけ,やがて逃亡を余儀なくされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲレス
げれす
Joseph Grres
(1776―1848)

ドイツの政論家、歴史家。学生時代フランス革命に心酔するが、やがて祖国再興に献身。1806年ハイデルベルク大学講師となり、『ドイツ民衆本』(1807)により古来の国民文化を擁護する一方、ブレンターノ、アルニムらとハイデルベルク・ロマン派の機関誌『隠者新聞』(1808)を創刊。解放戦争のとき『ライニッシェル・メルクール』紙を主宰しナポレオン排撃の筆をとり、「第五強国」と恐れられる。戦後はプロシアの絶対主義を批判し弾圧を受ける。後年カトリック神学の研究に従事、1827年以降ミュンヘン大学で歴史学を講ずるかたわら、『キリスト教的神秘思想』4巻(1836~1842)を著す。[富田武正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゲレスの言及

【民衆本】より

…宗教改革と人文主義の時代である15~16世紀のドイツ文学史上の一ジャンルで,内外の古い伝説や物語を民衆向きに改訂したり新たに書き下ろされた,散文の娯楽小説である。名称は後世のロマン派のゲレスの著書(《Die teutschen Volksbücher》1807)に由来する。民衆本とはいっても作者不詳を除き,著者,改訂者,翻訳者は民衆でなく高名な人々であった。…

※「ゲレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲレスの関連キーワードキリスト教社会連合党[コスタリカ]ジョゼ・フランシスコ オルリッチ国民解放党[コスタリカ]コスタリカ平和憲法レム クールハース12月24日メキシコ美術クロイツァーコスタリカチュリゲラカングリ族1月25日森山多吉郎9月5日英吉利

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android