ゲーリック語(読み)ゲーリックご

百科事典マイペディアの解説

ゲーリック語【ゲーリックご】

ゲール語とも。インド・ヨーロッパ語族のケルト語派に属するアイルランド,スコットランド,マン島の諸語の総称。Gaelic。アイルランド語がその代表。これは5世紀ごろスコットランドへ輸入されスコッチ・ゲーリック語となった。ゲーリック語の一派であるマン島のマンクス語Manxは17世紀の文献をもつが英語に押されて母語としての話し手は消滅した。しかし最近復活の試みがある。
→関連項目ピアス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーリックご【ゲーリック語 Gaelic】

ゲール語あるいはゴイデリック語Goidelicともいう。ケルト語派の一分枝で,アイルランド語のほかにスコットランド・ゲーリック語とマン島語すなわちマンクス語が含まれる。このうち後者の二つはアイルランド語からの派生であり,10世紀までは3者ほぼ斉一であった。したがってゲーリック語はアイルランド語によって代表される。古期アイルランド語(600‐900)の名詞には男・女・中性,単・複・双数,五つの格があった(現代では中性,双数の形はなく,目だった格変化もない)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゲーリック語の言及

【スコットランド】より

… 中世末以来のイングランド化の現象は言語の面で著しく,現在はイングランド語(英語)もしくはスコットランド方言化したイングランド語が用いられている。ゲーリック語の使用は減少し(1971年の使用者は8万8753人,うちゲーリック語のみ338人),ハイランド・西部島嶼地帯の一部に限られている。しかし,ナショナリズムの復興とからみ,文化運動としてのゲーリック語の尊重がみられる。…

※「ゲーリック語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android