コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コア・コンピタンス core competence

翻訳|core competence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コア・コンピタンス
core competence

核心部 (コア) となる独自の能力 (コンピタンス) の意。企業経営においては,他社の追随を許さない独自の技術や知識,経験,つまり中核的,継続的な利益をもたらしている能力をさす。 G.ハメルと C.K.プラハードはその著書『コア・コンピタンス経営』のなかでソニーの小型化技術,フェデラル・エクスプレスの物流管理,モトローラの無線通信技術などを例にあげている。多角化戦略への反省として,企業本来の得意分野に重点をおき,再生を目指す考え方を示す用語となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

コア・コンピタンス

中核能力ともいう。企業の中核能力は、大別して技術ノウハウと事業プロセスにかかわる能力に分けられる。特に製造業では技術ノウハウの重要度が高く、製品のコア技術と呼ばれているものがそれにあたり、その企業にとって最も重要な製品の製造に見いだすことができる。中核能力を基礎に中核製品が作られ、この中核製品を用いて最終製品が製造されるという関係にある。例えば、コア技術であるLSI技術によってチップが、高密度実装技術によってポータブルPCが製造される。これらに、さらに得意技術であるマルチメディア技術やモバイル技術などを用いて最終製品であるサーバーやパーソナル情報機器を製造している。中核能力たるに十分なものかどうかは、その適用範囲の広さ、模倣の困難性、顧客にとっての重要性という観点から評価されるが、つまりライバルに対する自社の強みとして十分なものであるかどうかである。今日、話題となっているアウトソーシングの戦略的活用も、限られた資源を自社のコア・コンピタンスの強化に振り向けるため、事業の絞り込みを進め、事業プロセスの活動について極力アウトソーシングに委ね、競争優位を図ろうとするものである。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

マーケティング用語集の解説

コア・コンピタンス

企業の競争力を支える他社にはまねのできない技術やノウハウのこと。
マーケティング戦略においていかにして他者との差別化を図ってゆくかのよりどころととなる要素。自動車業界であればエンジン。パソコン業界であればセキュリティ技術など競合と比べて秀でている部分に焦点をあてて、マーケティング・ミックスを展開してゆくことで、ブランドエクイティの向上を狙います。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

コア・コンピタンス

競合他社が真似できないような、自社の中核となる能力。競争優位に立つための技術、ビジネスモデルなど。〈活用例〉競争に勝つには、まず自社のコア・コンピタンスを作る必要がある

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

コア・コンピタンス

競争優位に立つための、他社が容易に真似できない自社の中核的能力のこと。 コア・コンピタンスには、技術やしくみなど、さまざまなものがあるが、自社の製品やサービスのどこに顧客が価値を認め、競合他社と比較して優位に立てるかを見極めることが大切である。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

コア・コンピタンスの関連キーワードシンガー(The Singer Company)ナレッジマネジメントピーター・ドラッカー技術経営(MOT)コア・コンピタンスバリューチェーンベンチマーキングコアコンピタンスマーケティング中核能力CTO

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android