コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コインブラ コインブラ Coimbra

6件 の用語解説(コインブラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コインブラ
コインブラ
Coimbra

古代名アエミニウム Aeminiumポルトガル中北部,コインブラ県の県都。モンデゴ川右岸,ポルトリスボン幹線鉄道沿いに位置する。1世紀以上ムーア人に支配されたのち,878年アストゥリアスレオン王アルフォンソ3世によって征服された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コインブラ(Coimbra)

ポルトガル中西部の都市。12~13世紀には同国の首都。1290年創立のコインブラ大学がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コインブラ

ポルトガル中部,豊かな農業地帯の中心都市。モンデーゴ川に臨む。古くからの宗教・学問の中心地。ヨーロッパでもっとも古い大学の一つである大学(1290年リスボンに創立,1537年コインブラに移転),12世紀の大聖堂がある。
→関連項目ポルトガル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コインブラ【Coimbra】

ポルトガル中部,中部沿岸地方の中央に位置する同名県の主都。人口7万1782(1981)。モンデーゴ川右岸の丘陵を中心に発展した大学都市ローマ時代すでにアエミニウムAeminiumとして知られる。スエビ族侵略により崩壊したコニンブリガConímbrigaの司教座が6世紀末当地に移され,以来司教座名が変化してコインブラとなる。イスラム支配下ではヒスパニア西方のモサラベ文化の一大中心地として繁栄。1064年カスティリャフェルナンド1世により奪回され,同市は国土回復戦争の重要な拠点となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コインブラ【Coimbra】

ポルトガル中部の古都。1139年の建国から1260年まで同国の首都。古い歴史をもつ聖堂やコインブラ大学がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コインブラ
こいんぶら
Coimbra

ポルトガル中西部、ベイラ・リトラル地方の中心都市。モンデーゴ川中流部に位置する。人口10万9700(2001推計)。街の中心をコインブラ大学が占める。旧大学図書館や教会などの歴史的建造物が多く、文芸の都としてアテネフィレンツェにも比べられる。市街北西部のサンタクルス修道院(12世紀創建)付近は下町情緒にあふれ、大学の研究者が闊歩(かっぽ)する旧市街とは対照をなす。近年、モンデーゴ川に沿って東西に産業地域が拡大し、在来の出版業のほかに、繊維、製陶、食品(ビール、パスタ)など、工業の発達が著しい。[田辺 裕・柴田匡平]

歴史

ローマ時代のコインブラは、現在のリスボンとブラガを結ぶ街道の中継点として栄えていたコニンブリガConimbrigaの一周辺集落にすぎなかった。しかし、5世紀スエビ人の侵略でコニンブリガが滅びると、この周辺集落アエミニウムAeminiumがコインブラとよばれるようになった。716年イスラムの支配下に入り、1064年キリスト教徒に回復された。以後ポルトガルのレコンキスタ(国土回復戦争)の本拠地となり、ポルトガルの独立(1143)から約1世紀間はポルトガル王国の首都として繁栄した。1290年に創設されたコインブラ大学は最初リスボンにあったが、1537年最終的にコインブラに定着した。1911年にリスボンとポルトに新たに大学が創設されるまでは、王国唯一の大学都市としてその特権的地位を保持した。[金七紀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコインブラの言及

【ポルトガル】より

…その基準とした人口10万以上の都市は合計12,首都リスボンの68万,ポルトの31万,ビラ・ノバ・デ・ガイアの25万で,他の9都市はすべて10万台である。これら10万以上の都市はコインブラ,ブラガを除くとみな海岸部に位置しており,近年この海岸部への人口集中が急速に進んでいる。1991年現在77.7%の人口が海岸部に集中し,内陸部の人口はますます希薄になっている。…

※「コインブラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コインブラの関連キーワードレイリアアライオロスギマランイスバターリャフィゲイラ広場ルドンドポルトガル・ポインターアルコバーサバイラポルト(ポート)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コインブラの関連情報