コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウカアブ

3件 の用語解説(コウカアブの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウカアブ

双翅(そうし)目ミズアブ科の昆虫の1種。細長く,体長25mm内外。黒色で,腹部の基部は乳白色。日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布。幼虫は汚物や汚水中にすみ,成虫も同様な場所を好むので,後架アブの名があり,ベンジョ(便所)アブともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウカアブ
こうかあぶ / 後架虻
[学]Ptecticus tenebrifer

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ミズアブ科に属する昆虫。大形種で、体長11~23ミリメートル。体は黒色で、はねは全体が黒褐色、腹部の基部が白色、前脚(ぜんきゃく)と中脚の脛節(けいせつ)基部と(ふせつ)は黄白色。触角第2節の内側は先端が前方に突出している。成虫は便所、畜舎、ごみため周辺に5~9月ごろ普通にみられる。腹部の基部が細く、姿や飛び方もハチに似ていて、後架すなわち便所の周りを飛ぶのでベンジョバチ(便所蜂)の呼び名があるが、ヒトを刺すことはない。産卵性で、幼虫は便所、畜舎の堆肥(たいひ)、ごみためで発生し、形態は扁平(へんぺい)で動きは鈍い。囲蛹(いよう)を形成する。日本全土に分布し、中国、朝鮮半島、台湾にも産する。近年、この種に似て触角が長く、腹部第2節に1対の白か黄色の紋があるアメリカミズアブが侵入、同じような場所に発生するのでコウカアブが駆逐され、姿が少なくなってきている。コウカアブの近縁種キイロコウカアブP. auriferは、山地の便所や畜舎付近に多い。体長16~22ミリメートル。体は黄褐色で、腹部に白と黒の帯があり、はねは全体に黄褐色。6~10月に出現する。日本全土、シベリア、中国、東南アジアに広く分布する。[倉橋 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコウカアブの言及

【ミズアブ(水虻)】より

ハナアブのように雄が空中で滞飛する種もある。農村に多いコウカアブPtecticus tenebriferは,豚舎,鶏舎のほか人糞からも発生する。コウカは漢字で後架で,便所の意である。…

※「コウカアブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone