コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウシンソウ

2件 の用語解説(コウシンソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コウシンソウ

ムシトリスミレ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウシンソウ
こうしんそう / 庚申草
[学]Pinguicula ramosa Miyoshi

タヌキモ科の多年生食虫植物。葉は楕円(だえん)形または卵形で短柄があり、表面は短腺毛(せんもう)を密生し、腺毛から出る粘液で小虫を消化する。花茎は高さ3~8センチメートル、密に腺毛があり、単純または下方で分枝する。6、7月、茎の先に淡紫色の距(きょ)のある唇形花を横向きに開く。花期後に花茎は長く伸びて直立し、(さくか)を結んで岩に触れて種子を散らす。山地帯から亜高山帯の日陰の岩壁に生え、関東地方北部に固有の種である。生育地はきわめて限られ、栃木県日光(にっこう)市のものは特別天然記念物に指定されている。名は、発見地の庚申山(こうしんざん)(日光市南西部)にちなんだもの。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコウシンソウの言及

【足尾[町]】より

…過疎地域に指定され,人口減少はなお続いている。西部の日光国立公園の庚申山には特別天然記念物の食虫植物コウシンソウが自生する。東部の古峰ヶ原高原は前日光高原県立自然公園に属する。…

【ムシトリスミレ】より

…上唇は2裂し,下唇は3裂している。 似た種として,日光付近の高山崖地にのみ見られ,特別天然記念物に指定されているコウシンソウP.ramosa Miyoshiがある。この種は,花茎が途中で2枝に分かれ,果実の完熟に合わせて上方に向かって伸び続け,岩におしつけるようにして蒴果(さくか)を裂開させて種子散布をする点が,特徴的である。…

※「コウシンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone