コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウシンソウ

百科事典マイペディアの解説

コウシンソウ

ムシトリスミレ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウシンソウ
こうしんそう / 庚申草
[学]Pinguicula ramosa Miyoshi

タヌキモ科の多年生の食虫植物。葉は楕円(だえん)形または卵形で短柄があり、表面は短腺毛(せんもう)を密生し、腺毛から出る粘液で小虫を消化する。花茎は高さ3~8センチメートル、密に腺毛があり、単純または下方で分枝する。6、7月、茎の先に淡紫色の距(きょ)のある唇形花を横向きに開く。花期後に花茎は長く伸びて直立し、(さくか)を結んで岩に触れて種子を散らす。山地帯から亜高山帯の日陰の岩壁に生え、関東地方北部に固有の種である。生育地はきわめて限られ、栃木県日光(にっこう)市のものは特別天然記念物に指定されている。名は、発見地の庚申山(こうしんざん)(日光市南西部)にちなんだもの。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコウシンソウの言及

【足尾[町]】より

…過疎地域に指定され,人口減少はなお続いている。西部の日光国立公園の庚申山には特別天然記念物の食虫植物コウシンソウが自生する。東部の古峰ヶ原高原は前日光高原県立自然公園に属する。…

【ムシトリスミレ】より

…上唇は2裂し,下唇は3裂している。 似た種として,日光付近の高山崖地にのみ見られ,特別天然記念物に指定されているコウシンソウP.ramosa Miyoshiがある。この種は,花茎が途中で2枝に分かれ,果実の完熟に合わせて上方に向かって伸び続け,岩におしつけるようにして蒴果(さくか)を裂開させて種子散布をする点が,特徴的である。…

※「コウシンソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コウシンソウの関連キーワードムシトリスミレ(虫取菫)日光国立公園日光市庚申山腺毛足尾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android