コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庚申山 こうしんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

庚申山
こうしんざん

栃木県北西部,日光市の南西部で群馬県境近くにある成層火山。標高 1892m。那須火山帯に属し,輝石安山岩からなる。日光開基の勝道上人により 1200年前に開山されたといわれ,古くから信仰登山が行なわれた。山頂の南に庚申神社がある。付近は梵天岩,一の門,胎内くぐりなどの奇岩怪石絶壁で,東側に庚申渓谷が刻まれている。山腹にはシャクナゲ,栃木県花のヤシオツツジなど各種高山植物がみられ,秋の紅葉も美しい。 1889年に三好学が発見した食虫植物はコウシンソウ (庚申草) と称され,国の特別天然記念物に指定。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしん‐ざん〔カウシン‐〕【庚申山】

栃木県日光市にある山。標高1892メートル。奇岩・怪石に富む。コウシンソウ自生地。山頂に庚申神社がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

庚申山【こうしんざん】

栃木県日光市にある円錐状成層火山。標高1892m。著しく開析され,山頂は奇岩怪石を呈する。野生のサルが生息,食虫植物のコウシンソウ自生地(特別天然記念物)として知られ,日光国立公園に属する。
→関連項目足尾[町]皇海山ムシトリスミレ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしんざん【庚申山】

栃木県西部,足尾町にある山。標高1892m。付近の皇海(すかい)山や袈裟丸(けさまる)山などと同時期の噴出と考えられる古い火山で,カンラン石シソ輝石安山岩,凝灰角レキ岩などからなり,山体は激しく浸食され,奇岩,怪石や絶壁が多い。東に庚申渓谷がある。亜高山帯の植生でシャクナゲやレンゲツツジが多いが,とくに明治中ごろ三好学により発見されたコウシンソウ(ムシトリスミレ)の自生地があり,特別天然記念物となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしんざん【庚申山】

栃木県西部、群馬県との境近くにある山。海抜1892メートル。浸食され、奇岩・怪石・絶壁が多い。山頂に庚申神社がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕庚申山(こうしんざん)


栃木県西部、群馬県境近く、日光(にっこう)火山群の南西端に噴出した火山。標高1892mの山頂から北斜面はなだらかな円頂をなす。かつては庚申神社が山頂に鎮座し、信仰登山が盛んだった。タヌキモ科食虫植物のコウシンソウ自生地は国の特別天然記念物。日光国立公園に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

庚申山
こうしんざん

栃木県西部、群馬県との境に近く、日光(にっこう)市にある山。標高1892メートル。皇海(すかい)山、袈裟丸(けさまる)山などとともに、第三紀流紋岩を基盤とする火山であるが、著しく侵食されて原形が判然としない。亜高山性植物のシャクナゲやレンゲツツジがみられ、コウシンソウ自生地は特別天然記念物。足尾の国民宿舎かじか荘から庚申川沿いに登山路が開ける。胎内くぐりなど奇岩怪石に富み、日光国立公園に含まれる。山名は、山中にサルの形に似た岩石があるためといわれ、山頂には全国庚申講の総本社猿田彦(さるたひこ)神社がある。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

庚申山の関連キーワードコウシンソウ(庚申草)群馬県藤岡市藤岡五ツ島 奈良男栃木県日光市加藤景正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庚申山の関連情報