コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウリンカ

百科事典マイペディアの解説

コウリンカ

本州,朝鮮半島の温帯に分布し,日当りのよい山地の草原にはえるキク科の多年草。茎は枝分れせず,高さ50〜60cm。葉は長楕円形でやや厚く,下部の葉には柄がある。7〜9月,茎の先に,長さ2cm内外のだいだい色の舌状花と筒状花からなる頭花を散房状につける。舌状花は反り返って特有の形を示す。花柄は長くて小包葉がなく,先は太くならない。中部地方の高山にはえるタカネコウリンカは,舌状花が短く,長さ1cm内外,花柄の先は太くなり,総包は黒紫色,多数の小包葉がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウリンカ
こうりんか / 紅輪花
[学]Senecio flammeus Turcz. subsp. glabrifolius (Cufod.) Kitam.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ50~60センチメートル、ほとんど毛がない。根出葉は花期にはなくなる。茎下部の葉は広倒披針(ひしん)形、中部の葉は卵状披針形である。7~9月、茎頂に6~13個の頭花をやや散房状につける。花は径3、4センチメートル。長い舌状花は濃赤橙(せきとう)色で、下方に垂れる。日当りのよい山地のやや湿った草原に生え、本州から朝鮮半島にかけて分布する。縮毛が茎に密生する基本亜種をタカネコウリンカといい、九州北部から朝鮮半島、中国東北部、東シベリアに分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コウリンカの関連情報