コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コクゾウムシ コクゾウムシSitophilus zeamais; rice weevil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コクゾウムシ
Sitophilus zeamais; rice weevil

鞘翅目オサゾウムシ科。体長 2.3~3.5mm。体は光沢のある赤褐色ないし黒褐色の長卵形で,頭部は細長く伸長する。前胸背には円形の点刻が密布し,上翅に赤褐色の紋が4個ある。また上翅にはあらい点刻のある縦溝があり,間室は縦溝より狭く,隆起する。後翅は発達している。米穀類の大害虫で,世界各地に分布する。近縁のココクゾウ S. sasakiiは本種に似ているが,体長 2.1~2.3mmの小型で,前胸は両縁平行で,点刻が少く,成虫の後翅は退化傾向がみられる。コクゾウムシより暖地に分布する。グラナリアコクゾウ S. granariusは体長3~3.5mm,体は光沢のある赤褐色ないし暗褐色で斑紋を欠く。前胸背の点刻は縦長で,上翅の縦溝は細いが深く,間室は縦溝より幅広い。後翅は退化している。米穀類の大害虫で世界各地に分布するが,日本では 1923年に輸入米から初めて発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コクゾウムシ

ゾウムシ科の甲虫の一種。体長3mm内外。黒褐色で,翅に淡い黄褐色の紋がある。ほとんど全世界に分布。幼虫は米,麦,トウモロコシなど貯蔵穀物類を食べる害虫で,成虫は年に数回,連続して発生する。
→関連項目ゾウムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コクゾウムシ
こくぞうむし / 穀象虫
[学]Sitophilus zeamais

昆虫綱甲虫目オサゾウムシ科に属する昆虫。世界各地に分布している貯蔵穀類の害虫であるが、とくに貯蔵米(まい)に多く、日本ではもっとも多い種である。体長2.3~3.5ミリメートル。体は細く、黒褐色ないし赤褐色、上ばねの肩部と後方に鈍い赤紋がある。口吻(こうふん)は長く前方へ突き出し、雌では光沢があってすこし下方に反るが、雄では隆起線と点刻があって光沢がない。前胸は密に点刻があり、上ばねには各数点の刻列と列間の隆起線がある。
 雌は穀粒に穴をあけて産卵し、幼虫は白くて太った柔らかい虫で、穀粒の内部を食べて育つ。1世代は盛夏のころで約1か月であり、年4回ぐらい発生し、大部分は成虫で越冬する。暖地では野外でもみられ、枯れ木の皮下の分解した部分などにいることもある。以前はヨーロッパに多いココクゾウの学名を誤ってあてていたが、この種はインドから記載されたものであることが判明した。
 ココクゾウS. oryzaeも米穀に多い種で、コクゾウムシによく似ているので区別がむずかしいが、体長2ミリメートル余りでやや小さく、褐色ないし赤褐色で上ばねの紋がなく、おもに幼虫で越冬し、コクゾウムシより湿気のあるほうを好むなどの違いがある。ヨーロッパでrice weevilとして害虫書などにあげられているのはこの種である。もう1種、米穀にみられる同属種として、褐色で光沢のあるグラナリアコクゾウS. granariusがあり、体長3~3.5ミリメートル、前胸背面の点刻は縦に長く、上ばねには深い縦の条溝がある。この種は後ろばねが退化していて飛べないが、壁面に止まるときの肢(あし)の粘着力は強く、貯蔵穀類中での生活にはより適応していると思われる。日本では1923年(大正12)にカナダから輸入された加州米で初めて発見されたが、一般には広がっておらず、定着してはいないようである。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コクゾウムシの関連キーワードコクゾウムシ(穀象虫)グラナリアコクゾウノコギリヒラタムシコガネコバチ小形条虫米食い虫寒晒し筬象虫米の虫米虫

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android