コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココ島 ココとうIsla del Coco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココ島
ココとう
Isla del Coco

コスタリカの南約 500kmの太平洋上にある同国領の島。長さ約 8km,幅約 5kmの小島であるが,起伏に富み,標高 850mの山がそびえる。現在無人島であるが,植民地時代には海賊隠れ家として利用され,宝物が埋蔵されているといわれるため,これまでにも 500以上の探検隊が来島しているが,宝物は未発見。熱帯雨林の島で貴重な動植物宝庫としても知られ,また周辺海域サメ,エイ,マグロなどが回遊する豊かな漁場となっている。島全域が国立公園に指定されており,1997年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ココ‐とう〔‐タウ〕【ココ島】

Isla del Cocoコスタリカの本土から南西550キロメートルにある東太平洋上の島。同国の国立公園。島固有の動植物が多く生息する熱帯雨林に覆われている。周辺海域はダイビングスポットとしても知られる。1997年に「ココ島国立公園」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。ココス島。イスラ‐デ‐ココ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ココ島の関連キーワードダーウィンフィンチイスラデココ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android