ココ島(読み)ココとう(英語表記)Isla del Coco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ココ島
ココとう
Isla del Coco

コスタリカの南約 500kmの太平洋上にある同国領の島。長さ約 8km,幅約 5kmの小島であるが,起伏に富み,標高 850mの山がそびえる。現在無人島であるが,植民地時代には海賊隠れ家として利用され,宝物が埋蔵されているといわれるため,これまでにも 500以上の探検隊が来島しているが,宝物は未発見。熱帯雨林の島で貴重な動植物宝庫としても知られ,また周辺海域サメ,エイ,マグロなどが回遊する豊かな漁場となっている。島全域が国立公園に指定されており,1997年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ココ‐とう〔‐タウ〕【ココ島】

Isla del Cocoコスタリカの本土から南西550キロメートルにある東太平洋上の島。同国の国立公園。島固有の動植物が多く生息する熱帯雨林に覆われている。周辺海域はダイビングスポットとしても知られる。1997年に「ココ島国立公園」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。ココス島。イスラ‐デ‐ココ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android