コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシダ

百科事典マイペディアの解説

コシダ

本州中南部〜沖縄の日当りのよいやや乾燥した山地にはえるウラジロ科の常緑シダ。地下茎,葉柄はウラジロよりやや小型。葉はふつう2m以下,3回ほど二叉(ふたまた)に分岐し,小羽片はくしの歯状に切れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシダ
こしだ / 小羊歯
[学]Dicranopteris dichotoma (Thunb.) Bernh.

ウラジロ科の常緑性シダ。根茎は針金状で堅く、横に長く伸び、高さ1メートルにもなる葉が、まばらにつく。葉柄はつやのある紫褐色で二叉(にさ)分枝し、先端にそれぞれ2枚の羽片をつけ、分枝部からも2羽片が出るので、計6羽片をもつ。裂片の中脈と縁の中間に数個の胞子嚢(ほうしのう)群を一列に生じ、包膜を欠く。葉柄で果物籠(かご)などを編む。形態がシダともよばれるウラジロに似ているが、小形なのでコシダの名がある。関東地方以南、新潟県以西の暖地の乾いた斜面に群生する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコシダの言及

【ウラジロ(裏白)】より

…3属約130種が全世界の熱帯・亜熱帯に分布している。日本には3種あり,マツタケに添えるコシダDicranopteris linearis (Burm.f.) Underw.に対してウラジロのことをオオシダ(大羊歯)と呼ぶ地方もある。熱帯には羽片が何十対もあり,樹上に十数mもはいあがる種があるが,その場合でも茎は地中にはう根茎だけで,地上部が1枚の葉に相当し,最も大きな葉の例である。…

【シダ植物(羊歯植物)】より

…ワラビを食べると膀胱癌になるといわれるが,あく抜きをしたものは癌の原因となることはないという実験結果も出されている。ウラジロは正月の飾りに使われるし,コシダはマツタケを詰める籠には不可欠のものである。アジアンタム,シノブ,タマシダ,コタニワタリなどは観葉植物としてよく栽培されるし,オオタニワタリやイヌガンソクは生花の材料にされる。…

※「コシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

コシダの関連キーワードαコシダカホールディングスアミログルコシダーゼ黒髪山県立自然公園ウメスカシクロバカルボヒドラーゼチオグルコシドナリンギナーゼグリコシダーゼフコシドーシスグルコシダーゼ加水分解酵素シアリダーゼミグリトールアカルボースコシダカウニミロシナーゼ酵素加水分解コシダテックマルトース

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android