コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コシュート Kossuth Lajos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コシュート
Kossuth Lajos

[生]1802.9.19. スロバキア,モノク
[没]1894.3.20. トリノ
ハンガリー独立運動の指導者。下級貴族の出身。プロテスタント系の学校で法律を学び,弁護士の資格を得た。 1832~36年国会議員。反政府的言論活動により 37~40年入獄。釈放後もジャーナリストとして活動し,社会変革の綱領を作成。その理論的・実践的貢献により,47年再び国会に選出され,野党の指導者となった。 48年のハンガリー独立戦争で最も重要な役割を果し,同年4月ハンガリー王国初代立憲政府 (首相バチャーニュ ) の蔵相に就任,9月国民防衛委員会議長となった。 49年4月ハンガリーの独立,共和制を宣言,執政官として名実ともに国政を指導したが,ロシアの介入によって形勢が不利となり,8月辞任。オスマン帝国に逃れたのち,51~52年イギリス,アメリカでハンガリー独立の宣伝活動を行い,ロンドンに定住,マルクスらと交わった。 61年以降イタリアに住み,67年には特赦を受けたが,オーストリアとの「アウスグライヒ (和協) 」に反対して終生帰国しなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コシュート

ハンガリーの作曲家バルトーク・ベラの管弦楽曲(1903)。原題《Kossuth》。オーストリアからの独立運動を指導した革命家コシュート・ラヨシュを称えて作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コシュート
こしゅーと
Kossth Lajos
(1802―1894)

ハンガリーの革命家。1832年まで弁護士として地方で活動。1832~1834年の改革議会期間中『議会通信』を刊行して反政府改革派を支援。いったん投獄されるが、1841年の釈放後すぐにブルジョア諸権利と民族独立を訴える『ペシュト新報』を発刊。経済改革としては保護主義や上からの産業化を主張した。1848年のドイツ三月革命後、バッチャーニBatthyny Gusztv(1803―1883)内閣財務相、ついで国防委員会議長を経て、1849年には新生ハンガリー共和国執政となり、革命を推進した。革命敗北後は亡命し、イギリス、アメリカを回り、独立戦争の士として歓待された。イタリアのトリノ在住後もドナウ連邦構想を打ち出すなど、故国独立のために奮闘し続けた。[家田 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コシュートの関連キーワードレヘル・ジェルジ一八四八年の革命ジャーナリストシクローシュ城東欧史(年表)デブレツェンコッシュートアンドラーシセーチェーニセーチェニエトベシュシューメン9月19日マダーチデアークプルスキゲルゲイ指導者東欧史三月法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android