コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コゼンツァ コゼンツァCosenza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コゼンツァ
Cosenza

イタリア南部,カラブリア州コゼンツァ県の県都。前 204年ローマに奪われるまでブルッチ人の首都。旧称コンゼンティアで,ハンニバル西ゴート王国アラリック1世 (410年ここで死んだ) の故地。その後もビザンチンサラセンスペインなどの支配下におかれ,1799年,ナポレオン侵攻下では一時共和国となった。その後両シチリア王国時代にはイタリア独立運動の拠点となり,1844年の不運なバンディエラ兄弟の戦いは有名。穀物類,ワインオリーブ油,果実の集散加工地。家具,毛織物タンニン酸の製造も行われる。古い歴史を物語るロマネスク様式の大聖堂 (1185) ,聖ドメニコ聖堂 (13世紀) など由緒ある建物が多い旧市街が,近代的な新市街を見おろしている。人口8万 7140 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コゼンツァ【Cosenza】

イタリア南端,カラブリア州の同名県の県都。人口8万7140(1991)。古代のコンセンティアConsentia。前4世紀にギリシア,前3世紀にローマに征服された。イスラム勢力の侵入に対して住民は山地へ避難せざるをえなかったが,15世紀のアラゴン王家の重税に対する農民一揆,19世紀の立憲運動オーストリアからの解放運動など,抵抗の歴史が刻まれた土地である。ルネサンス期に自然哲学者テレジオを生んだ。【望月 一史】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コゼンツァ
こぜんつぁ
Cosenza

イタリア南部、カラブリア州コゼンツァ県の県都。人口7万1792(2001国勢調査速報値)。ラ・シーラ山麓(さんろく)のクラーティ川とブゼント川の合流点に位置する。ブゼント川によって、市は丘上の旧市街と、19世紀末以降に開かれた平地部の新市街に分けられる。農産物の集散地で地方行政の中心地である。特記すべき工業はない。大聖堂(13世紀)、サンタ・カテリーナ教会(15世紀)がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コゼンツァの関連情報