コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コティ Coty, René

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コティ
Coty, René

[生]1882.3.20. ルアーブル
[没]1962.11.22. ルアーブル
フランスの政治家。カーン大学卒業。 1902年弁護士を開業し,市会議員,県会議員を経て,22~35年下院議員 (左派共和派) 。ドイツ占領下では政治活動をしなかったが,第2次世界大戦後の 45~48年独立共和派として再び下院議員,47~48年復興相となり,48~54年上院議員をつとめた。 49年上院副議長,53年第四共和政最後の大統領に選出された。しかし,積極的な政策を推進せず,58年5月のアルジェ暴動の際は C.ドゴールが首相となって政治的危機を収拾,59年1月クーデターの脅威の前に大統領を辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

コティ【François Coty】

1874~1934) フランスの実業家・政治家。香水製造で成功し、「香水王」と呼ばれる。日刊紙「フィガロ」を所有、反共運動を組織した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コティ
こてぃ
Ren Coty
(1882―1962)

フランスの政治家。第四共和政最後の大統領。ル・アーブルに生まれる。弁護士から政界に入り、1923~1935年下院議員、1935~1940年上院議員を務めた。第二次世界大戦後、独立派の下院議員、1947~1948年復興大臣、1954年からオリオール初代大統領を継いで第四共和政第2代大統領に就任。1958年5月アルジェに植民地主義者の反乱が起こると、反徒の要求するドゴール将軍の首相復帰に積極的に協力した。1959年1月第五共和政の発足に伴い引退。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コティの関連キーワードスコティッシュ・フォールド・ロングヘアスコティッシュ・ナショナル管弦楽団ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団エディット・ピアフ/愛の賛歌アレグザンダー ギブソンミッドナイト・イン・パリディスコ[disco]アンブル・アンティークローズ・ジャックミノロバート カーライルドナルド ラニクルズトータル・リコールグレンゴイン蒸留所ロックスバラシャーモンテ・ビゾ[山]カルバン クラインドライバラ修道院ラルフ ローレンセルカークシャークロア・ド・フー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コティの関連情報