コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハガニ コノハガニ Huenia heraldica

2件 の用語解説(コノハガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノハガニ
コノハガニ
Huenia heraldica

軟甲綱十脚目モガニ科。甲長 3cmほどで,浅海の海藻の生えた岩場にすむ。雄の甲は一般に長い二等辺三角形状。雌では側縁が 2葉の薄片になっているが,個体ごとに少しずつ異なる。また色彩も赤褐色から緑色まで周囲の海藻の色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノハガニ
このはがに / 木葉蟹
[学]Huenia proteus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クモガニ科に属するカニ。陸上のコノハチョウと同じように木の葉を連想させる擬態の例としてよくあげられる。房総半島から東南アジア各地の沿岸を経てインド洋まで広く分布し、浅海の海藻の間にすむ。雌雄で甲の形態が異なり、色彩も周囲の海藻と同様である。甲は長い二等辺三角形が基本で、肝域と鰓域(さいいき)が葉状に突出している。雌では肝域の突出がとくに大きく、雄では額角(がっかく)が長い。甲長3センチメートル内外。サンゴ礁のサボテングサにはフトクビコノハガニH. brevifronsがついており、みごとな擬態となっている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノハガニの関連キーワード軟甲類ベンケイガニ旭蟹岩蟹蝲蛄扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹ヨツハモガニ(四歯藻蟹)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone