コノハガニ(英語表記)Huenia heraldica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノハガニ
Huenia heraldica

軟甲綱十脚目モガニ科。甲長 3cmほどで,浅海の海藻の生えた岩場にすむ。雄の甲は一般に長い二等辺三角形状。雌では側縁が 2葉の薄片になっているが,個体ごとに少しずつ異なる。また色彩も赤褐色から緑色まで周囲の海藻の色を呈する。カニ類としては擬態保護色の著しい例である。房総半島以南のインド西太平洋海域に広く分布する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノハガニ
このはがに / 木葉蟹
[学]Huenia proteus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クモガニ科に属するカニ。陸上のコノハチョウと同じように木の葉を連想させる擬態の例としてよくあげられる。房総半島から東南アジア各地の沿岸を経てインド洋まで広く分布し、浅海の海藻の間にすむ。雌雄で甲の形態が異なり、色彩も周囲の海藻と同様である。甲は長い二等辺三角形が基本で、肝域と鰓域(さいいき)が葉状に突出している。雌では肝域の突出がとくに大きく、雄では額角(がっかく)が長い。甲長3センチメートル内外。サンゴ礁のサボテングサにはフトクビコノハガニH. brevifronsがついており、みごとな擬態となっている。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android