コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバラミン cobalamin

世界大百科事典 第2版の解説

コバラミン【cobalamin】

ビタミンB12類の別名。巨大環状配位子コリンが酸化数IIIのコバルトに配位して平面を形成し,環の一部に結合した複雑なリン酸基,糖,有機塩基から成る置換基部分の有機塩基(5,6‐ジメチルベンゾイミダゾール)が平面の片側からコバルトに配位し,第六の配位子Xが平面の反対側に配位した錯体の総称。X=CN,すなわちシアノコバラミンがビタミンB12,X=OH,すなわちヒドロキソコバラミンがビタミンB12bである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバラミン
こばらみん
cobalamin

5,6-ジメチルベンズイミダゾール5,6-dimethylbenzimidazoleを塩基として含む、自然界にもっとも普遍的に存在するコバミド補酵素の総称。Cblと略記される。ビタミンB12は、狭義ではシアノコバラミンをさし、広義ではビタミンB12類の総称としてコバラミンと同義に用いられる。コバラミンの誘導体としてはシアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン、ニトリトコバラミン、クロロコバラミン、メチルコバラミン、アデノシルコバラミン(補酵素B12)、スルファトコバラミンなどがある。
 1926年にマイノットとマーフィーが悪性貧血は動物の肝臓の大量摂取で治療できることを発見し、1948年にはD・M・C・ホジキンが抗悪性貧血因子であるビタミンB複合体の結晶化に成功して、1955年にその複雑な三次構造が解明された。コバラミンは中心に1個のコバルト原子をもつコリン環からできているが、このコバルト原子は、+1、+2、+3の酸化状態となりうる。このうち+1型(Co+)が活性をもつ補酵素を生成する。Co+はアデノシン三リン酸(ATP)の5'炭素原子を攻撃し、三リン酸基を置換し、5'-デオキシアデノシルコバラミン5'-deoxyadenosyl-cobalaminを生成する。これが補酵素B12である。補酵素B12はフリーラジカル(遊離基)を供給し、水素などの分子内移動にかかわって、次の3種の反応を触媒する。(1)分子内の配置換え、(2)メチオニン合成のようなメチル化、(3)リボヌクレオチドのデオキシリボヌクレオチドへの還元である。悪性貧血は内因子の欠損によりコバラミンの吸収が損なわれるためにおこる。
 コバラミンは細菌によってつくられ、動物はこれを利用する。臓器のなかでは肝臓にもっとも多量に含まれ、その大半がアデノシルコバラミンの形で存在する。ヒト血漿(けっしょう)ではメチルコバラミンがもっとも高い割合で存在する。食品では、ウシ肝臓のほか、卵黄、魚肉中に多く含まれている。
 コバラミン欠乏では、その原因が吸収障害によるものでも、またコバラミンの末梢(まっしょう)への運搬の障害であっても、ともに先天性の代謝病であるホモシスチン尿症とメチルマロン酸血症が生じる。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコバラミンの言及

【ビタミン】より


[ビタミンB12
 肝臓に含まれる抗悪性貧血因子として単離されたB群ビタミンの一つである。コバラミンcobalaminとも呼ばれ,中心にコバルトイオンをもっている。植物ならびに酵母以外の生物に広く分布し,とくにウシ肝臓,卵黄,魚肉中に多く含まれている。…

【ビタミン】より


[ビタミンB12
 肝臓に含まれる抗悪性貧血因子として単離されたB群ビタミンの一つである。コバラミンcobalaminとも呼ばれ,中心にコバルトイオンをもっている。植物ならびに酵母以外の生物に広く分布し,とくにウシ肝臓,卵黄,魚肉中に多く含まれている。…

※「コバラミン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コバラミンの関連キーワードホジキン(Dorothy Mary Crowfoot Hodgkin)コバラミンアデノシルトランスフェラーゼアデノシルコバラミン合成欠損症メチルマロニルCoAムターゼアデノシルコバラミン合成障害デオキシアデノシルコバラミンアデノシルコバラミン合成欠損トランスコバラミンII欠乏症トランスコバラミンII欠乏ヒドロキソコバラミンビタミンB12補酵素シアノコバラミン当量ビタミンビーじゅうにビタミンB12欠乏ビタミンB12発酵ニトリロコバラミンアクアコバラミンビタミンB12bメチルコバラミンビタミンB複合体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android