コピーライター(英語表記)copywriter

翻訳|copywriter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コピーライター
copywriter

広告の文案を作成する人。アート・ディレクター,デザイナー,イラストレーターなどのスタッフと協力して広告の制作にあたるが,広告主意図にそって常に消費者にアピールする文案を作成しなければならず,文学的センスと同時に広告全般に関する広い知識が必要な職業である。印刷媒体用の文案作成者にこの名を用い,電波媒体用のそれを CMライターと呼んで区別する場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

コピーライター【copywriter】

広告文案を書くことを職業とする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コピーライター
こぴーらいたー
copy writer

広告の文章(コピー)を書く専門家。コピーは広告メッセージのなかでのキャッチ・フレーズや広告本文をいい、告知的で説得的な役割を担う部分である。コピーライターの仕事は、アート・ディレクターや写真家などと協力し、まず広告すべき商品、役務について、誰に、何を、どう訴求するかの広告コンセプトをたてる。そのうえで、効果的で注目を引くキャッチ・フレーズをつくり、本文に誘導する。本文では商品、役務の特徴や便益について解説し、消費者を説得して購買行動へ誘引する。通常、印刷媒体の広告文を書く者をいうが、電波媒体のCMライターも含めていう場合がある。[豊田 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

コピー‐ライター

〘名〙 (copywriter) コピー④を書く人。通常、印刷広告の文案作成者をいうが、広くはテレビ・ラジオのCMライターをも含む。アドライター。
※こちら社会部(1964)一一〈菊地到〉「宣伝部に勤めているコピー・ライターであり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコピーライターの言及

【アドマン】より

…単に他業種の人と区別するための言葉ではなく,広告活動に必要な専門的知識・技術や,創造的能力をもつ職業人としての自覚に基づいて,自分たちを呼ぶ場合の呼称である。アメリカでは20世紀初頭に,ジョン・E.ケネディやクロード・ホプキンズらの優れたコピーライターが輩出し,広告制作が才能ある人の就く職業として確立した。それに伴い,優秀な制作者が高給で会社を移ったりするようになったが,一方では,つねに新しいアイデアを要求されるという厳しさもあった。…

【キャッチフレーズ】より

… キャッチフレーズは,広告本文,アイ・キャッチャー(受け手の注意を喚起するための写真やイラストレーション),商品・サービス名,広告主名などとともに印刷広告を構成する。キャッチフレーズと広告本文は広告用語でコピーと呼ばれ,一般に現在の広告業では,その製作を専門職とするコピーライターcopy writerにより作られる。とりわけキャッチフレーズは,短い言葉のなかでくふうして人の心をとらえようとするために,時代を先取りした鋭い感覚や視点,おもしろい表現がなされる。…

※「コピーライター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コピーライターの関連情報