コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブノメイガ Cnaphalocrocis medinalis

世界大百科事典 第2版の解説

コブノメイガ【Cnaphalocrocis medinalis】

鱗翅目メイガ科の昆虫。開張17mm内外のガで,雄の前翅前縁には黒鱗の塊があり,これが瘤のように見えるところから表記の和名がついている。幼虫はイネ,ムギ,ヒエなどイネ科植物の害虫で,温暖地では年4回,寒冷地では年2回発生する。暖地では老熟幼虫かさなぎで越冬するが,寒地では幼虫で越冬する。イネなどの葉をつづり合わせてその中にすみ,表面の表皮と葉肉を食べるので,被害を受けた葉は半透明となる。苗代期から被害が見られるが,夏の出穂期に被害が大きく,多発するとイネの収量が減少することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コブノメイガ
こぶのめいが / 瘤野螟蛾
[学]Cnaphalocrocis medinalis

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。はねの開張17ミリメートル内外。前翅、後翅とも黄褐色、外縁部は黒褐色、前翅に2本、後翅に1本の横線がある。雄の前翅前縁には黒色鱗粉の塊によるこぶ状の隆起がある。日本全土、中国、台湾ほか東南アジアに広く分布する。
 幼虫はイネ、ムギ、ヒエなどイネ科に寄生するアオムシ(青虫)で、イネなどの葉をつづり合わせてその中にすんで食害するため、被害を受けた葉は白く半透明となる。したがって、多発すると、水田のイネの葉は白色にみえる。苗代期の被害は少なく、出穂期にかけて食害を受けると、収量に深刻な影響を与えることがある。日本南部では年に4、5回、北部では1、2回発生する。防余には有機リン剤が有効。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコブノメイガの言及

【イネタテハマキ(稲縦葉巻)】より

…年3回の発生で,秋の出穂期に多発すると被害は大きくなる。本種と似ているコブノメイガCnaphalocrocis medinalisもイネ科植物の害虫としてよく知られているが,幼虫のつづった葉が本種のように規則正しくない。【井上 寛】。…

【イネタテハマキ(稲縦葉巻)】より

…年3回の発生で,秋の出穂期に多発すると被害は大きくなる。本種と似ているコブノメイガCnaphalocrocis medinalisもイネ科植物の害虫としてよく知られているが,幼虫のつづった葉が本種のように規則正しくない。【井上 寛】。…

※「コブノメイガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コブノメイガの関連キーワードイネタテハマキ(稲縦葉巻)井上

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android