コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマツナギ

百科事典マイペディアの解説

コマツナギ

本州〜九州,中国の原野日当りのよいところにはえるマメ科落葉小低木。茎は草本状で高さ50cm内外に達し,葉は,長さ1〜2.5cmの長楕円形の小葉7〜11個からなり,短い柄がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コマツナギ【Indigofera pseudo‐tinctoria Matsum.】

晩夏から初秋にかけて桃色の花をつけるマメ科の小低木(イラスト)。馬の手綱をつないだことから,あるいは飼料になり馬を立ち止まらせることから,この和名がつけられたという。落葉の高さ30~100cmほどの草本的な小低木で,株の基部から多くの枝を出す。葉は奇数羽状複葉で,7~9月ころにその葉腋(ようえき)から総状花序を出し,多数の桃色の花をつける。花は小さく,長さ5mmほど。実は線形円柱状で長さ2.5~3cmの豆果。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマツナギ
こまつなぎ / 駒繋
[学]Indigofera pseudo-tinctoria Matsum.

マメ科の草状小低木。茎は多数分枝し、高さ60~90センチメートル。葉は奇数羽状複葉で7~11枚の小葉からなる。小葉は長楕円(ちょうだえん)形、長さ1~2.5センチメートル。7~9月、葉腋(ようえき)の総状花序に淡紅色の小さな蝶形花(ちょうけいか)をやや密につける。豆果は3~8個の種子を含み、細い円筒形で、長さ約3センチメートル、茶褐色に熟す。本州から九州の山野のやや乾いた日当りのよい所に生え、朝鮮の済州島、中国にも分布する。名は、茎がじょうぶで馬(駒(こま))をつなげるほどであるという意味とも、馬が好んで食べるからだともいわれる。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コマツナギの関連キーワードミツバノコマツナギリュウキュウアイマメアブラムシミヤマシジミシジミチョウツバメシジミインディゴアイ(藍)インジカンインド藍インジゴ有用植物紋黄蝶キアイ晩夏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android