コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモチシダ(子持ち羊歯) コモチシダWoodwardia orientalis Sw.

世界大百科事典 第2版の解説

コモチシダ【コモチシダ(子持ち羊歯) Woodwardia orientalis Sw.】

葉が断崖壁や斜面から垂れ下がる大型のシシガシラ科のシダで,葉の表面にたくさんの芽を生ずるためにコモチシダと呼ばれる。根茎は太く,短く匍匐(ほふく)し,葉を叢生(そうせい)する。葉はよく発達すると2mにも達し,三角状長楕円形で,革質である。葉柄は長く,基部に披針形,光沢のある褐色の大型鱗片を密につける。葉身は2回羽状に深裂羽片は羽状に深裂し,裂片は線形で先は鋭い。葉脈は網状脈である。胞子囊(ほうしのう)群は細い長楕円形で,胞子囊群がつく網目は深くくぼみ,厚い包膜が内向きにおおい,くぼみのふたになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android