コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモチシダ(子持ち羊歯) コモチシダ Woodwardia orientalis Sw.

1件 の用語解説(コモチシダ(子持ち羊歯)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コモチシダ【コモチシダ(子持ち羊歯) Woodwardia orientalis Sw.】

葉が断崖壁や斜面から垂れ下がる大型のシシガシラ科のシダで,葉の表面にたくさんの芽を生ずるためにコモチシダ呼ばれる。根茎は太く,短く匍匐(ほふく)し,葉を叢生(そうせい)する。葉はよく発達すると2mにも達し,三角状長楕円形で,革質である。葉柄は長く,基部に披針形,光沢のある褐色の大型鱗片を密につける。葉身は2回羽状に深裂,羽片は羽状に深裂し,裂片は線形で先は鋭い。葉脈は網状脈である。胞子囊(ほうしのう)群は細い長楕円形で,胞子囊群がつく網目は深くくぼみ,厚い包膜が内向きにおおい,くぼみのふたになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コモチシダ(子持ち羊歯)の関連キーワード口蓋垂懸垂子持羊歯枝垂れ桃撓垂れる垂れ絹垂れ耳蓑毛垂れ下る肉垂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone