コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリンウズラ コリンウズラ Colinus virginianus; northern bobwhite

2件 の用語解説(コリンウズラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリンウズラ
コリンウズラ
Colinus virginianus; northern bobwhite

キジ目ナンベイウズラ科。全長約 20cm。20亜種があって羽色変異も大きいが,代表的な雄は顔が白く,褐色の太い過眼線がある。頭上から背,尾は褐色,上胸部は黒褐色。胸腹部は白く,褐色の鱗状の斑があり,脇には褐色の縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリンウズラ
こりんうずら
bobwhite
[学]Colinus virginianus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。北アメリカの中南部の低木林や耕地にすむ鳥で、「ボブ、ホワイト」と、この鳥の英名にあるとおりの声で鳴く。全長約20センチメートル、全体に褐色の羽色をしており、顔やのどの白色部分と上胸部の黒紋とがよく目だつ。雌は顔やのどが黄色っぽい。地上を歩きながら昆虫や植物の種子をとって食べる。季節的移動はあまりせず、冬には10~15羽ぐらいの群れで暮らしている。繁殖は一雄一雌のつがいで行い、地上に皿形の浅い巣をつくり、10~15個の卵を産む。狩猟鳥としてよく知られる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコリンウズラの言及

【シャコ(鷓鴣)】より

…広義のシャコ類では,北アメリカ(南アメリカ北部を含む)に分布するアメリカウズラ類と,ユーラシア,アフリカに分布するシャコ類(シャコ属を含む)とに大別できる。 アメリカウズラ類中著名な種はコリンウズラColinus virginianus(英名bobwhite)で,その名のとおりボブホワイトと鳴き,狩猟鳥として重要である。体長は約25cmで,羽色は赤茶色に黒い横斑がある。…

※「コリンウズラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コリンウズラの関連キーワード鶉茸鶉手高麗雉南米三斑鶉山鶉麦せんべいウズラ(鶉)ミフウズラ(三斑鶉)ナンベイウシガエル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone