コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリント運河 コリントうんがDhiórix Korínthou

3件 の用語解説(コリント運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリント運河
コリントうんが
Dhiórix Korínthou

ギリシア南部,ペロポニソス半島の基部に位置するコリンソス地峡を横断する運河。イオニア海コリンシアコス湾エーゲ海サロニコス湾とを結ぶ。全長 6.3km,幅は河底で最低 21m,水面で最高 25m,深さ 8m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コリント‐うんが【コリント運河】

Dioriga KorinthouΔιώρυγα Κορίνθου》ギリシャ南部の都市コリントの郊外にある運河。交通の要衝として古代都市コリントの繁栄を支えたコリント地峡に運河を造るという考えは紀元前7世紀からあり、古代ローマ皇帝ネロにより実際に大規模な工事が行われ、約3キロメートル開削された。近代になって再び運河建設の機運が高まり、1882年にフランス企業により工事が始まり、1893年に閘門(こうもん)をもたない水平式運河として完成した。コリント湾サロニコス湾テルマイコス湾)を結び、その航程を約370キロメートル短縮したが、幅が狭いため大型貨物船は通ることができず、観光船の通航に利用されることが多い。コリントス運河コリンソス運河

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリント運河
こりんとうんが
Korinthou Dioryx

コリントス運河ともいう。ギリシア本土とペロポネソス半島の間のコリント地峡を開削して、テルマイコス湾(サロニカ湾)とコリント湾を短絡する海洋運河。エーゲ海諸港とアドリア海諸港との間を航海する船は、この運河を利用することによりペロポネソス半島南端の迂回(うかい)を避け、航程を約370キロメートル短縮することができる。1882年起工、1893年8月開通。延長6.4キロメートル、幅員24.6メートル、水深8メートル。頁岩(けつがん)の地層からなる台地を深くえぐってつくられ、水面から台地上までの比高は最大86メートルに達する。運河内に閘門(こうもん)はまったくない水平式運河であるため、両端のコリント湾とテルマイコス湾の干満の時間的ずれにより、運河内に強い潮流を生ずることがある。幅員が狭いため、現在はおもに観光船が利用している。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone