コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチコステロン コルチコステロンcorticosterone

翻訳|corticosterone

3件 の用語解説(コルチコステロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルチコステロン
コルチコステロン
corticosterone

副腎皮質から分泌されるステロイドホルモン (総称してコルチコステロイドという) の一種で,グルココルチコイドに属する。糖質,蛋白質,脂質など広汎な代謝に関与している。副腎皮質からは,コルチコステロンのほかに,コーチゾン,ハイドロコーチゾン,デオキシコルチコステロン,アルドステロンなど,生命維持に重要なホルモンが分泌されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

コルチコステロン

 C21H30O4 (mw346.47).

 副腎皮質ホルモンのうちのグルココルチコイドの一種で,抗炎症作用,糖新生促進作用があり,大量に投与すると体タンパク質分解促進作用,仮性糖尿病,ムーンフェイスなども示す.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルチコステロン
こるちこすてろん
corticosterone

副腎(ふくじん)皮質ホルモンの一つで、糖質代謝促進作用をもつ。1937年にスイスの有機化学者ライヒシュタインとアメリカの生化学者ケンドルがウシの副腎から単離した。一般に動物の副腎静脈血中にコルチゾール(ヒドロコルチゾンともいう)とともにみいだされる。電解質代謝ホルモン(ミネラルコルチコイド)であるアルドステロンの生合成前駆体である。生体内ではデオキシコルチコステロンから11β-水酸化酵素により生成される。イヌ、ネコなどでは副腎から主としてコルチゾールを分泌し、コルチコステロンの量はわずかである。一方ラットやウサギでは17α-水酸化酵素活性がないので、コルチゾールは産生されず、コルチコステロンだけを分泌しており、糖質代謝ホルモンの代表的なものとなっている。このホルモンの作用はコルチゾンに似ているが、糖質代謝作用ははるかに弱く、電解質代謝作用は強い。抗炎症作用、抗アレルギー作用はそれほど強くない。コルチコステロン値が高い場合、コルチコステロン産生腫瘍(しゅよう)、異所性ACTH産生腫瘍、17α-または18-水酸化酵素欠損症などが疑われる。逆に低い場合、アジソン病、脳下垂体機能低下症、クッシング症候群などが疑われる。[藤本善徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone