コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルチュラ島 コルチュラとうOtok Korčula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルチュラ島
コルチュラとう
Otok Korčula

クロアチア南部,アドリア海のほぼ中部,ダルマチア海岸にある島。ペリェシャツ半島の西約 3kmに位置する。地中海の温和な気候に恵まれ,保養地として有名。島民はおもに農業,漁業に従事し,ブドウ,オリーブが栽培され,大理石が採掘される。行政の中心地は島の東端近くの岬にあるコルチュラギリシア,ローマ以来の島の歴史は複雑で,近世になってからもしばしば支配者が交代した。第1次世界大戦後はユーゴスラビア領となり,91年よりクロアチア領。 13世紀の聖堂などが残っている。マルコ・ポーロの生地。面積 276km2。人口1万 9582 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルチュラ‐とう〔‐タウ〕【コルチュラ島】

Korčula》クロアチア南部、アドリア海に浮かぶ島。東西に約50キロメートルと細長い。主な町は東端のコルチュラとベラルカ。コルチュラの対岸にあるペリェシャツ半島の町オレビッチとフェリーで結ばれる。ワイン用のブドウ、オリーブの生産が盛ん。避寒地、海岸保養地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルチュラ島
こるちゅらとう
Korula

クロアチア西部のアドリア海岸に散在する大小725の島々のうち、南寄りに位置する島。面積272.6平方キロメートルで、島々のうち第6位。人口1万7038(1991)。東西に細長く、最高点568メートル。中心都市は東端のコルチュラ(人口5889。2001)。温和な気候で、ブドウ、オリーブその他の果樹栽培で知られ、冬季の保養地である。紀元前4世紀にはギリシア人の植民地となった。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コルチュラ島の関連キーワードフバル