コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレヒドール島 コレヒドールとう Corregidor Island

3件 の用語解説(コレヒドール島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレヒドール島
コレヒドールとう
Corregidor Island

フィリピン,ルソン島中部,マニラ湾の西岸をなすバターン半島の先端にある小島。バターン州に属する。マニラ湾の入口を扼する位置にある。 18世紀にスペイン人によって要塞が築かれ,アメリカの統治期に全島が要塞化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コレヒドール‐とう〔‐タウ〕【コレヒドール島】

Corregidor Island》フィリピン、ルソン島中部、マニラ湾の入り口にある小島。米軍の要塞となり、第二次大戦中、1941年と45年に日米の激戦が行われた。現在も大砲や兵器庫だったトンネルなどが残っている。米国政府が建てた太平洋戦争記念館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コレヒドール島
これひどーるとう
Corregidor

フィリピン、ルソン島南西部、バターン半島の南端に接し、マニラ湾口に位置する火山性の島。オタマジャクシ状をなし、面積約5平方キロメートルの小島であるが、マニラ防衛上の要点としてスペイン領時代から砲台が置かれた。アメリカ領時代は全島を完全に要塞(ようさい)化した。このため太平洋戦争の初期、日米両軍の激戦地となり、日本軍の上陸作戦によりほとんど廃墟(はいきょ)と化した。現在でも島内の至る所に大砲や破壊されたトーチカなどが残存し訪れる人が多い。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレヒドール島の関連キーワードシランマニラマニラ湾ルソン島比律賓フィリピン諸島フィリピン鷲大マニラナヨンピリピーノバイ[湖]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コレヒドール島の関連情報