コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロコトロニス コロコトロニスKolokotoronis, Theodoros

3件 の用語解説(コロコトロニスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロコトロニス
コロコトロニス
Kolokotoronis, Theodoros

[生]1770. メッセニア
[没]1843.2.15. アテネ
ペロポネソス半島生れのギリシアの軍事指導者。秘密結社フィリキ・エテリア」の一員。 1805~06年オスマン帝国の攻撃を受けた際にイオニア諸島へ渡り,イギリスの召集軍隊に勤務し,軍事経験を積む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コロコトロニス【Theodóros Kolokotrónis】

1770‐1843
ギリシア解放戦争の英雄。ペロポネソスギリシア人自衛団首領の家系に生まれ育った。秘密結社エテリアの一員となり,独立革命勃発と同時にペロポネソスの自衛団・義賊団を結集してオスマントルコ軍を放逐。1822年オスマン帝国からの大軍を破って,ギリシア臨時政府により将軍に任命される。内戦時いったん投獄されたが,25年エジプト軍の本土上陸にあたって解放され,将軍としてイギリス援軍と協力,革命の達成に功を挙げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロコトロニス
ころことろにす
Theodoros Kolokotronis
(1770―1843)

ギリシア独立戦争の猛将。モレア(ペロポネソス半島)の指導的クレフテス(匪賊(ひぞく))としてトルコの支配に反抗。イオニア諸島に亡命中イギリス軍隊の経験をもち、1821年1月マニ地方に戻り、3月23日(旧暦)カラマタを占領してギリシア本土蜂起(ほうき)の戦端を開いた。以後ペロポネソス長老会の路線で軍事の才能を発揮したが、新政府の統一を乱し、24年には内戦を誘発させた。大統領カポディストリアス暗殺後、臨時政府の三人委員の一員であったが、反政府的行動をとって死刑の宣告を受け、のち赦(ゆる)されてアテネで余生を送った。[馬場恵二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコロコトロニスの言及

【ギリシア解放戦争】より

…翌年1月にはエピダウロスに召集された最初の国民議会が憲法を発布,そこで初めてギリシア語を話しギリシア正教を信仰するギリシア人の民族国家の理念が表明された。これに対しオスマン・トルコ軍はキオスなどで大虐殺を行ったが,クレフティス(ギリシアの義賊)のコロコトロニスらの率いる蜂起軍は海陸でトルコ軍を撃破した。蜂起軍の主体は農民だったが,23年から指導部内にコロコトロニスと新興地主層(コジャバシ),コジャバシと船団所有者の間に対立が生じた。…

※「コロコトロニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コロコトロニスの関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone