コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロラド州 コロラドColorado

翻訳|Colorado

2件 の用語解説(コロラド州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロラド〔州〕
コロラド
Colorado

アメリカ合衆国,西部の州。州都はデンバー。 1876年 38番目の州として合衆国に入る。東部は 500~1000mの高原状平原で,中央大平原の西端,ロッキー山系の東麓にあたる。主要生産地帯で都市も多い。中央部はロッキー山系の主脈が南北に走り,ロングズピーク (4345m) ,グレースピーク (4349m) ,ブランカピーク (4378m) など 4000mをこす高山がそびえ,コロラド川,グランデ川などの水源地帯を形成。花崗岩から成る平坦な準平原は,草地,森林におおわれ,牧場,狩猟場となっている。西部は乾燥した高原地帯で,コロラド川水系が深い谷を刻む。 1540~41年 F.コロラドによって探検されたが,アメリカ内での移民が始ったのは 19世紀に入ってからである。特に 1859年から 70年代にかけてのゴールド・ラッシュ,70年の鉄道の敷設は開発の契機となった。現在では,州の半分以上が農牧地となり,おもにコムギ,オオムギ,トウモロコシ,ジャガイモ,テンサイ,リンゴなどを産する。牧畜も盛んで,ウシ,ウマ,ヒツジを飼育。石炭の埋蔵量が多いほか,クライマックスには世界最大のモリブデン鉱山がある。また石油,天然ガス,油母頁岩なども産する。工業生産は近年急速に伸び,食肉加工,酪農品工場が多く,機械,金属工業も行われる。ロッキー山岳国立公園,メーサバード国立公園をはじめ,美しい自然に恵まれた観光地が多く,観光収入が州財政の重要な柱となっている。空軍士官学校,陸軍兵器庫,北アメリカ防空司令部 NORADなど軍関連施設が多い。面積 26万9605km2。人口 502万9196(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロラド州の関連情報