コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロンビア革命軍 コロンビアかくめいぐんFuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia: FARC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コロンビア革命軍
コロンビアかくめいぐん
Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia: FARC

1950年代後半にコロンビア共産党 (新ソ連派) が組織した武力集団。 60年代からエリート偏重の既存体制の打倒を目指して武力闘争を開始し,最盛期に 6000人の兵力を有した。 85年に政府と交渉のすえ停戦に合意し,合法政党である愛国同盟を組織して政治活動に専念するようになる。しかし,90年末に政府軍による弾圧を理由に武力活動を再開し,ほかの5つのテロ組織の盟主として「シモン・ボリバール連合組織」に加わる。 91年に政府との交渉を再開するが,降伏条件などの折合いがつかず決裂した。 93年8月に政府は,同組織の 120人余りのゲリラに部分的な恩赦を公布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

コロンビア革命軍

コロンビア最大の旧ソ連派左翼ゲリラ。1959年に農民を中心に結成され、64年に武装闘争を開始した。91年には日本人の水力発電技師2人を誘拐、その後も現地法人の日本人社員を拘束した。現有兵力は約1万6000人。2001年には最高司令官のマルランダが当時のパストラーナ大統領と対話したが、その後の交渉は決裂した。02年2月に国軍は掃討作戦を行い、支配地の一部を奪還した。同年5月の選挙で当選したウリベ大統領は、米国の軍事協力を得てコロンビア革命軍(FARC)と全面対決する姿勢。一方で、極右の民兵組織コロンビア統一自衛団(AUC)も約1万3000人を擁して左派系市民の虐殺を続け、内戦の犠牲者は12万人に及ぶ。政府はAUCと和平交渉を進め、05年6月にはAUCが武装解除に応じれば以前の罪を減刑するとの「正義と平和」法が成立した。06年5月の大統領選で再選されたウリベは、FARCとの和平交渉を提案した。07年11月には隣国ベネズエラのチャベス大統領が政府とゲリラとの仲介に入ったが失敗した。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コロンビア革命軍

《Fuerzas Armadas Revolucionarias de Colombia》中南米最大の反政府武装組織。コロンビア、エクアドル、パナマ、ベネズエラで活動。1960年代にコロンビア農民の自警組織として発足。コロンビア現政府を倒し、左翼系の反米政権の樹立を目指しているが、近年では犯罪組織化しているとの指摘もある。麻薬取引により資金を調達しているほか、政府関係者、外国企業関係者の誘拐・殺人事件も数多く引き起こしており、邦人も被害にあっている。1997年10月8日、米国FTOに指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵miniの解説

コロンビア革命軍

コロンビア共和国の共産主義系武装組織。略称「FARC」。農民の自警組織として1960年代初頭に活動を始め、64年には既存体制の打倒を目指して武装闘争を開始した。麻薬取引や誘拐による身代金を主な資金源とし、最盛期には2万人超の兵力を有する中南米最大の反政府武装勢力となった。91年の大手電機メーカー社員誘拐事件や2001年の日系現地法人役員誘拐・殺害事件など、日本人も被害に遭っている。内戦の激化を受け、コロンビア政府とFARCは幾度か和平交渉を行い停戦に至ったこともあったが、いずれも失敗した。2002年には政府が米国の支援を得て掃討作戦を本格化し、FARCの兵力は7000人にまで減少したという。半世紀に及ぶ内戦での死者は26万人以上で、4万5000人が行方不明となり、600万人以上が居住地を追われたとされる。16年9月26日、コロンビア政府とFARCは同国北部のカルタヘナで和平合意文書に署名する式典を開催、内戦は終結しFARCは政党として扱われることになる。

(2016-9-29)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

コロンビア革命軍の関連キーワードサントス(Juan Manuel Santos Calderón)フアン・マヌエル・サントスアルバロ ウリベ・ベレスコロンビア自警軍連合コロンビアのゲリラコロンビアの治安サントス

コロンビア革命軍の関連情報