コンスタンティノス(読み)こんすたんてぃのす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンスタンティノス
こんすたんてぃのす
ConstantinosKonstantin
(826―869)

ギリシア人宣教師。869年2月の永眠に先だつ50日前に修道士となり、以後キリルキリロス)Кириллといった。コンスタンティノープル総主教の秘書となったが、身を引いて修道院にこもった。兄メトディオスとともにモラビア地方のスラブ人伝道に起用された。外交手腕、語学力、信仰心を買われたためであった。聖書、祈祷(きとう)書をスラブ語に訳した。スラブ人には文字がなかったのでグラゴリチックというスラブ最古の文字を考案した。このスラブ・アルファベットは、彼の名をとってキリル文字といわれ、現代のロシア文字の母体となった。この文字で書かれたスラブ最古の文献の言語を古代スラブ語、あるいは教会スラブ語、古代教会スラブ語という。[田口貞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコンスタンティノスの言及

【キュリロス】より

…モラビアのスラブ人にスラブ語典礼を伝えたギリシア人宣教師。本名コンスタンティノスKōnstantinos。〈スラブ人の使徒〉と称せられる。…

※「コンスタンティノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android