コンスラード(英語表記)consulado

世界大百科事典 第2版の解説

コンスラード【consulado】

スペインおよびスペイン領新大陸植民地に設立された商人ギルド組織。1494年にブルゴスの商人が羊毛取引とフランドルとの貿易独占を目的として設立して以来,スペインではビルバオ(1511),セビリャ(1539),マドリード(1632)に順次設立され,18世紀末には14を数えた。新大陸では1594年に初めてメキシコ市に設立され,1613年設立のリマのコンスラードとともに,新大陸の商業を独占した。その後18世紀末にはブルボン王朝による商業改革を通じて,ブエノス・アイレス,カラカスハバナカルタヘナベラクルスサンチアゴ(チリ)にも設立された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android