コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンテンラーメン Kontenrahmen[ドイツ]

2件 の用語解説(コンテンラーメンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コンテンラーメン【Kontenrahmen[ドイツ]】

実践目的を指向した標準勘定組織(勘定の体系)をいう。日本ではドイツ語のままでコンテンラーメンと呼ばれているが,英語圏諸国ではuniform(standard) chart of accountsという訳語が与えられている。その本質は,財務諸表の作成,原価計算,短期損益計算経営比較など,会計実践上の諸要求を具体化した標準勘定組織たるところにある。これを有効に運用するための勘定記帳図解そのものをコンテンラーメンであると誤解している向きもあるが,記帳図解は単なる補助手段であって,コンテンラーメンそのものではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンテンラーメン
こんてんらーめん
Kontenrahmenドイツ語

ドイツおよびその周辺のヨーロッパ諸国で研究され、実践されている、勘定科目の体系を統一するための方式。ドイツ語の原義は「勘定の枠組み」。1927年にE・シュマーレンバハの著書『コンテンラーメン』によって基礎が確立され、1937年ナチス統制経済下の強制コンテンラーメンによって実務界への普及をみた。その後、ドイツ工業連合による1950年共同コンテンラーメンを経て、現在では1970年の工業コンテンラーメンが使用されている。コンテンラーメンは、形式的には勘定のコード化である。分類の第1段階が勘定クラス(1桁の0~9)、第2段階が勘定グループ(2桁の数字)、第3段階が勘定種類(3桁の数字)、第4段階が個別勘定(4桁の数字)となる。また、内容的には、どのような計算に役だつ資料となるかが課題となる。すなわち、財務簿記のコンテンラーメンと経営簿記のコンテンラーメンに分類されるが、前者は、外部取引を対象とし、財務諸表作成を基本目的とするもので、後者は、経営内部取引を対象とし、原価計算とこれに基づく短期損益計算を基本目的とする。コンテンラーメンは、直接的には、企業間の勘定組織の統一化を図るものであるが、そこに含まれる諸勘定の処理の基準をも含めることにより、実質的な会計規制の機能も有することとなる。[宮崎 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンテンラーメンの関連キーワード仮勘定受取勘定勘定組頭勘定書損益勘定手形勘定負債勘定無勘定勘定衆主要簿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone