コンパドラスゴ(英語表記)compadrazgo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカおよび他のスペインの影響を受けた地域で行なわれている儀礼的な共同親子関係のこと。ゴッドペアレント (名付け親) は子供に対して助言援助といった両親を補完するような役割を果たし,子供は尊敬服従をもって接する。名付け親は,元来ヨーロッパカトリック教会における洗礼式の際に子供に命名するという儀礼的役割を持つが,ラテンアメリカではその役割は拡大され,名付け親と子供の親 (特に父親) とは親族関係を越えた範囲における密接な個人的関係を築く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イベリア半島やラテン・アメリカの諸国カトリック教徒にとくに顕著にみられる,代父母(だいふぼ)と実父母との間の関係とそれに伴う慣行をいう。一般にカトリックでは洗礼を信仰の〈誕生〉として,実際の誕生以上に重視する。子どもの洗礼式には,実親でない成人代親として出席し,立会人としての務めを果たし,以後代親は精神的親としてふるまい,一方代子は精神的子どもとして代親に奉仕する。この精神的儀礼的親子関係はスペイン語ではパドリナスゴpadrinazgoと呼ばれ,カトリック教会によって認められ制度として確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコンパドラスゴの言及

【ナワ】より

…均分相続が原則とはいえ,土地所有も少なく,農業技術の低さから生産量に恵まれず,エヒードも効果的に機能しないので,出稼ぎで都市に流出する人口は多い。家族,親族に次いで重要なのはコンパドラスゴと呼ばれる擬制親族で,カトリックの秘跡(洗礼,堅信礼,聖体拝領,結婚)を契機につくられる。村落の組織をみると,中央部はバリオbarrio(〈地区〉の意)に分割され,外婚単位となる場合もあり,アステカ時代のカルプリ(外婚的父系氏族)との関連も指摘されている。…

【フィリピン】より

…しかし,現実に機能している家族や親族の観念は,擬制的親族関係や姻族が加わって,もっと複雑で柔軟な広がりをもっている。擬制的血縁関係として代表的なものは,儀礼兄弟制度とコンパドラスゴ(儀礼的親子関係)である。フィリピン企業の多くが親族会社の形態をとり,社会のあらゆる場で縁者びいき(ネポティズム)が盛んなのも,こうした家族血縁関係を反映している。…

※「コンパドラスゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android