コンピュータ・リテラシー(読み)こんぴゅーたりてらしー(英語表記)Computer literacy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンピュータ・リテラシー
こんぴゅーたりてらしー
Computer literacy

本来、リテラシーとは識字能力のことをいう。現代の文明社会では、識字能力なしに生きていくことはできない。それと同様に、コンピュータを利用する基礎能力なしに、少なくとも今後の文明社会に参画することは困難であるということから、コンピュータ利用能力としてのコンピュータ・リテラシーの重要性が唱えられるようになった。しかし、その考え方は時代とともに変化している。かつては、FORTRAN(フォートラン)などプログラム言語を知ってプログラムできることとか、2進法を知っていることとかがコンピュータ・リテラシーとみなされたこともあったが、現在では、GUI(Graphical User Interface)などヒューマン・インターフェース技術の進展により、コンピュータははるかに使いやすいものとなったため、異なる能力が問われるようになった。すなわち、容易に手に入る膨大な情報をどのように使いこなせるかという、情報の活用能力さらにはその編集能力などが重要となってきている。これを情報リテラシーともいう。たとえば、インターネットでWWW(World Wide Web)を用いて、どのようにして欲しい情報を手に入れることができるか、入手した情報が信頼できるものかどうかをどのように判定するのか、与えられた問題を解くとはどういうことなのか、そもそも問題設定自体はどうすればよいのか、といった(単にコンピュータの操作能力ではなく)情報内容自体を活用するためのより本質的な能力が問われている。[田村浩一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例