コンポジション

デジタル大辞泉 「コンポジション」の意味・読み・例文・類語

コンポジション(composition)

構成。組み立て。
絵画写真などの構図。「特異なコンポジション
英語などの作文
作曲作曲法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「コンポジション」の意味・読み・例文・類語

コンポジション

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] composition )
  2. 英語などの作文。
    1. [初出の実例]「まだ外(ほか)にコムポジション〔作文(さくぶん)〕をかかんけりゃならん」(出典当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇)
  3. 作曲。また、作曲された曲。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
  4. 絵画の構図。〔新時代用語辞典(1930)〕
  5. 小説や劇などの構成。
    1. [初出の実例]「其青年と父との間に起る争闘〈略〉自分はコムポジションの上で其場を想像しながら」(出典:和解(1917)〈志賀直哉〉七)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「コンポジション」の解説

コンポジション

日本ポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター山下達郎。2013年発売。シングル「光と君へのレクイエム」のカップリング曲。NHK放送ドラマ「第二楽章」の主題歌

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報