コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーイング Coing, Helmut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コーイング
Coing, Helmut

[生]1912.2.28. ニーダーザクセン,ツェレ
[没]2000.8.15
ドイツの法学者。ゲーテ大学ローマ法,民法,法哲学教授 (1948) ,同大学学長 (1956~57) を歴任したのち,「ローマ法および継受史研究所」所長,「マックス・プランク研究所」 (比較ヨーロッパ法制史の研究所) 所長。業績は多岐にわたるが,特に法哲学の分野で著しい。法実証主義を批判して,実定法はその背後にある倫理的価値,事物の本性によって制約されるとする自然法主義を展開している。主著は"Grundzüge der Rechtsphilosophie" (1950) ,"Naturrecht als wissenschaftliches Problem" (1965) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コーイング【Helmut Coing】

1912‐2000
ドイツの代表的法学者。1935年ゲッティンゲン大学で学位を得,クンケルWolfgang Kunkelの助手として古代法を専攻したが,翌年フランクフルト・アム・マイン大学でゲンツマーErich Genzmerの助手となり,中世ローマ法の研究に従事。《フランクフルト・アム・マインにおけるローマ法の継受》(1939)を発表した。40年フランクフルト大学法学部の助教授,48年から80年まで正教授をつとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

コーイング

生年月日:1912年2月28日
ドイツの法学者
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のコーイングの言及

【自然法】より

…実存主義哲学は人間の実存の側面を強調するが,その本質の側面を否定しないかぎりで自然法を語る余地があり,この法の法学者フェヒナーErich Fechner(1903‐ ),ウォルフErik Wolf(1902‐ ),マイホファーWerner Maihofer(1918‐ )は自然法論者である。またアリストテレス復興を志向するハルトマン=シェーラーの新形而上学に立脚して自然法内容をいっそう積極的にいう者に,H.コーイング,H.ウェルツェルなどがいる。オーストリアでは,新カント派のケルゼン主義から転じたトミストのA.フェアドロス,トマス・アクイナスとハイデッガーを接合するマルチッチRené Marcic(1919‐ )が自然法論を説く。…

※「コーイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コーイングの関連キーワードゲルマン法生年月日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android