コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールラビ kohlrabi

翻訳|kohlrabi

デジタル大辞泉の解説

コールラビ(kohlrabi)

キャベツの原種ケールの一変種。茎が肥大して丸くなり、その側面と先に小形の葉をつける。食用。球茎甘藍(かんらん)。カブキャベツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コールラビ

コーラビ,球茎甘藍(かんらん),蕪甘藍とも。キャベツに近縁のアブラナ科野菜。地中海地方原産で,日本へは明治になって導入された。葉の付け根の茎が肥大し球形となったところを食用とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

コールラビ

 [Brassica oleracea(gongylodes group)][Brassica caulorapa].キュウケイ(球茎)カンラン,カブカンランともいう.キャベツの一種でフウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の二年生草木.塊茎をサラダなど食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コールラビ【kohlrabi】

アブラナ科の二年草。カブカンラン,キュウケイカンランともいう。キャベツと同一種の野菜で,キュウケイカンラン(球茎甘藍)の名が示すように,生育するにつれて地ぎわの茎部が球状に太り,ユーモラスな形を呈する。葉は茎部から出て長い葉柄をもつ。地中海北岸地方の原産で,ギリシアからイタリア,フランスを経てドイツに伝わり,後にイギリス,アメリカへと伝わった。日本へは1883年に導入された。アメリカ種,ドイツ種,中国種などの品種があり,茎葉の色には緑白色,紫色などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コールラビ【Kohlrabi】

アブラナ科の一、二年草。キャベツの一変種。球状に肥大し、カブに似た形の茎を食用とする。カブカンラン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コールラビの関連キーワードBrassica oleraceaキュウケイ(球茎)カンランコールラビー作物

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android