コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイシシジミ Taraka hamada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイシシジミ
Taraka hamada

鱗翅目シジミチョウ科のチョウ。前翅長 11mm内外。翅表は黒褐色裏面は白色地に黒色斑が散在する。成虫は年数回出現し,暖地では5~11月にみられる。幼虫タケ,ササ類につくタケノアブラムシだけを食べる。北海道,本州,四国,九州,台湾,朝鮮,東南アジアなどに広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴイシシジミ

鱗翅(りんし)目シジミチョウ科のチョウの1種。開張25mm内外,黒褐色。裏面は白地に多くの黒斑が散らばるのでこの名がある。日本全土,朝鮮,中国,台湾〜東南アジア,インドに分布。幼虫はタケ,ササ類につくアブラムシを食べ,幼虫で越冬,成虫は春〜秋に数回発生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴイシシジミ【Taraka hamada】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。小型で開張2.3~3.5cm。翅の裏面が白色で,碁石のような黒色の斑紋が散在し,幼虫が肉食をすることでよく知られている。ヒマラヤから日本にかけて分布する。日本では北海道から九州にかけて見られ,アズマネザサスズタケなどからなるササやぶに生息し,暖地では年数回発生するが,寒地では年1回発生に終わる場合もある。成虫は幼虫の食物となるタケノアブラムシが発生する特定のササやぶに見られ,ふつうは狭い範囲を飛び続ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイシシジミ
ごいししじみ / 碁石小灰蝶
forest pierrot
[学]Taraka hamada

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。北海道より九州(対馬(つしま)を含む)にかけて分布。まれな種ではないが、発生地は一般に局部的な傾向が強く、生息場所を発見すれば群生している場合が多い。外国では朝鮮半島、台湾、中国、ミャンマー(ビルマ)、タイ、インド、マレー半島、スマトラ島、ジャワ島などに分布する。はねの開張25ミリメートル内外。はねの表面は一様な黒褐色、雌では前翅(ばね)に不鮮明な白斑(はくはん)を現すことがある。裏面は白色、黒い碁石状の斑点を散布し、きわめて特徴があり、これに似た種はほかにない。北海道南部地方では年2回の発生、暖地では5月より11月ごろまで連続的に発生する。幼虫は肉食性で、タケ・ササ類(きわめてまれに双子葉植物)に寄生するアブラムシを食べ、植物質はまったくとらない。越冬態は2、3齢の幼虫である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴイシシジミの関連キーワードシジミチョウ(蜆蝶∥小灰蝶)ゴイシツバメシジミ琴平山植物質白水

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android