コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴイティソロ Goytisolo, Juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴイティソロ
Goytisolo, Juan

[生]1931. バルセロナ
スペインの小説家。祖父や父も作家,兄ホセ・アグスティンは詩人,弟ルイスは小説家という文学的才能に恵まれた一家の出。バルセロナ大学で法律を学ぶ。 1953年以来パリに住み,フランス有数の出版社,ガリマール社のスペイン文学関係の顧問。戦中世代の代表的な作家として,『手品』 Juegos de manos (1954) や『エル・パライソの戦い』 Duelo en el Paraíso (55) で,内乱末期と戦後の混乱の世相を描いたが,『土地のないフアン』 Juan sin tierra (75) を中心とする一連の作品では,スペインの歴史と文化全体を下敷きにした神話的な世界の構築を目指している。ほかに『戦いのあとの風景』 Paisajes después de la batalla (82) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴイティソロ【Juan Goytisolo】

1931~ ) カタルーニャ生まれのスペインの小説家。初期の社会派的小説から実験小説に転じ「フリアン伯爵の復権」などを発表。公的なスペイン像に反発し、異端的なものの復権に努める。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴイティソロ
ごいてぃそろ
Juan Goytisolo
(1931―2017)

スペインの小説家。1954年『手品』によってナダル文学賞を獲得、若くして文壇にデビューする。その後、スペイン内戦中ある村に疎開した子供たちの異常な体験を描く『エル・パライソの決闘』(1955)や、スペイン社会への批判を込めた三部作『はかなき未来』(1955~1956)を発表、スペイン戦後社会派小説の旗手となった。1957年ごろスペインを離れ、パリ定住に伴い、しだいに傾向を変え、『身分証明』(1966)では、自己およびスペインという国の「アイデンティティ」を追究している。長い外国生活のあと、故郷の田舎(いなか)に戻ったスペイン人ジャーナリストが、過去を追憶しながら自分の属すべき家族、社会、コミュニティの所在を考察する物語である。それまでの社会派小説とは異なる新しい小説の方向を目ざす作品であり、その新奇な文章技巧とともに注目される。これと同じ方向を目ざした作品『ドン・フリアン伯爵の復権』(1970)では、モロッコのタンジールの町に居住する主人公が、ジブラルタル海峡を挟んで対岸に位置する祖国スペインを前に、歴史、文化、言語についてのさまざまな考察を行う。711年回教徒のイベリア半島侵入のきっかけを用意したとされ、スペイン史のなかでは裏切り者のレッテルを貼られた人物ドン・フリアン伯への共感が底流となっている。その後、『マクバラ』(1980)、『孤独な鳥の美徳』(1988)などの作品を経て、湾岸戦争を題材とした『四旬期』(1991)、旧ユーゴスラビア内戦を扱った『サラエボ包囲』(1995)などの作品を発表した。小説のほかルポルタージュものとしては、スペイン南部アルメリア地方の風景と人を織り込んだ優れた紀行文『ニハルの野』(1962)、旧ユーゴ内戦中のセルビア軍によるサラエボ包囲を検証した『サラエボ・ノート』(1993)などがある。[東谷穎人]
『山道佳子訳『サラエヴォ・ノート』(1994) ▽旦敬介訳『戦いの後の光景』(1994) ▽山道佳子訳『パレスチナ日記』(1997) ▽山道佳子訳『嵐の中のアルジェリア』(1999・以上みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴイティソロの関連キーワードデリベス実験小説復権

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android