コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴバンノアシ(碁盤の足) ゴバンノアシBarringtonia asiatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴバンノアシ(碁盤の足)
ゴバンノアシ
Barringtonia asiatica

サガリバナ科の常緑高木で,東南アジア太平洋諸島の熱帯,亜熱帯海岸に広く分布する。日本では石垣島や西表島など八重山諸島の海岸や河口のマングローブ林に生じる。高さ3~10mになり,枝の上部に厚い大型の葉を集めてつけ,下部には落葉痕が目立つ。葉は長さ 20~40cmもの長倒卵形で柄はほとんどない。葉腋に短い花序を出し,径約 10cmの大きな4弁の白花をつける。おしべは長く多数あり,基部は癒合して単体おしべをなす。径 10cmもある角錐状の果実をつけ,この形が碁盤の足に似るのでこの名がある。果実は海流で漂流し,黒潮に乗って西日本海岸にもときに漂着する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴバンノアシ(碁盤の足)の関連キーワードサガリバナ(下り花)マングローブ林

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android