コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマ油

2件 の用語解説(ゴマ油の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ゴマ油

 ゴマ種子からとる食用油.日本食品脂溶性成分表では,パルミチン酸9.0%,ステアリン酸5.3%,オレイン酸39.0%,リノール酸44.8%となっている.γ-トコフェロール43.7mg/100gを含むのが特徴.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴマ油【ゴマあぶら】

ゴマの種子を圧搾してとった油。半乾性油で,オレイン酸リノール酸のほかステアリン酸パルミチン酸などとセサミンを含む。かおりがよく代表的な食用油として揚物,いため物などに用い,特に中国料理では香味づけに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ゴマ油の関連キーワード乾性油菜種油綿実油胡麻油胡麻幹植物油半乾性油蓖麻子油アマニ油エゴマ油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴマ油の関連情報