コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴミムシ ゴミムシ Harpalidae

4件 の用語解説(ゴミムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴミムシ
ゴミムシ
Harpalidae

甲虫目ゴミムシ科の昆虫の総称。オサムシに近い甲虫で,体長はより小さいものが多い。地中にすむものもあるが,大部分は地表にすむ。体は黒っぽく,おおむね平たく,上からは細卵形に見える。触角は糸状。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴミムシ

オサムシ科の甲虫の1種。体長13mm内外,黒色。日本全土,朝鮮,中国,シベリアからヨーロッパに分布。やや乾燥した地の雑草の根ぎわ,石下などに潜み,夜間活動して主として他の小昆虫を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゴミムシ【Anisodactylus signatus】

甲虫目ゴミムシ科の昆虫(イラスト)。からだは黒色で頭部には1対の赤い斑紋がある。上翅の条の間には点刻を欠く。体長約13mm。日本全土のほか,朝鮮半島,中国,シベリア,ヨーロッパなどにも分布する。平地から山地まで生息し,落葉,ごみの下,石の下などに見られ,しばしば灯火に飛来する。成虫で越冬し春から出現,4月下旬ごろから土中に産卵する。成虫は昆虫などを捕食するが雑草の種子を食べることも知られている。幼虫はおもに土中で生活し腐植物や根,昆虫などを食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴミムシ
ごみむし / 芥虫
[学]Anisodactylus signatus

昆虫綱甲虫目ゴミムシ科に属する昆虫。日本各地に普通で、朝鮮半島、中国、シベリア、ヨーロッパに広く分布する。体長12ミリメートル内外。黒色で頭に1対の赤い点紋がある。長形で背面はやや平たく、光沢は鈍く、上ばねは点刻がなく細い条溝を備える。地表性で昼間は石の下や草の根際などに隠れ、おもに夜間活動し、小虫など捕食する。灯火にもよく飛んでくる。幼虫は地中で幼根や腐植質を食べるという。成虫で越冬する。
 ゴミムシ科Harpalidaeは、広義のオサムシ科に含めることもあるが、甲虫のなかでも種類の多い一群で世界中に分布し、極北域にも産し、およそ2万以上の種が知られている。日本産だけでも900に達する種がある。オサムシ類とは、前脚脛節(けいせつ)の内側に強い入り込みがあり、中胸の後側板が中脚の基節に達しないことで区別でき、両科は5節の(ふせつ)と糸状の触角などの特徴で共通している。大部分の種類は地表にいてほかの虫を捕食し、一般に黒っぽく、多くの亜科に分けられるが、樹上や葉上にみられるものや、草地にいるものなどにはモリヒラタゴミムシ類Colpodes、ジュウジゴミムシ類Lebia、アオゴミムシ類Chlaeniusのように金属色や色彩の美しい種を含む類がある。生息範囲は干潮線(ウミミズギワゴミムシなど)から高山の頂上(オンタケチビゴミムシなど)までと広く、地中や洞穴中にすむメクラチビゴミムシ類Trechiniなど特殊環境に適応した一群を除くと、前記のように石や倒木の下、落ち葉中、草の根際などに隠れ、おもに夜間活動してほかの虫を捕食する種類が多い。これらにはミズギワゴミムシ属Bembidion、ナガゴミムシ属Pterostichus、ヒラタゴミムシ属Platynus、マルガタゴミムシ属Amara、ゴモクムシ属Harpalus、アオゴミムシ属Chlaenius、ヨツボシゴミムシ属Panagaeusのような各属に代表される多数の種類が含まれる。樹上や葉上、花上にはモリヒラタゴミムシ、ジュウジゴミムシの類のほかにアトキリゴミムシ類に属するものが多いが、セスジヒラタゴミムシAgonum daimioのように田畑の葉上でほかの虫や卵を食べる有益なものもある。枯れ木やキノコにみられる種類は主としてアトキリゴミムシ類のもので、コキノコゴミムシ属Coptoderaやアトバゴミムシ属Catascopusなどのものがある。ゴミムシの幼虫は細形で活動的なものが多く、成虫と同じく肉食でほかの虫を捕食するが、地表の陰あるいは地中に隠れて夜間活動するので、ほとんど目につかない。なお、マルガタゴミムシ類の種には植物種子を食べる例が知られている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゴミムシの言及

【臭腺】より

…成虫は,胸部の後脚の根元に開口する1対の分泌腺を持っている。ゴミムシ類は,別名ヘッピリムシと呼ばれるように刺激性の悪臭のあるガスを腹端から噴射する。カメムシの臭腺分泌物には主にアルデヒド類が,またゴミムシ類の分泌物には脂肪酸,キノン,フェノールなどが確認されている。…

※「ゴミムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴミムシの関連キーワードウチワムシゴミムシダマシミイデラゴミムシ牙虫三井寺歩行虫木回塵芥虫鋏虫ハサミムシ(鋏虫)ヒョウタンゴミムシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴミムシの関連情報