コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルディオン ゴルディオン Gordion; Gordium

2件 の用語解説(ゴルディオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルディオン
ゴルディオン
Gordion; Gordium

古代フリュギア王国の首都。ラテン名ゴルディウム。前 10世紀よりフリュギア人が居住,前8世紀にはその首都となり,前8世紀末にミダス王の下で繁栄にいたった。前7世紀にキンメリ人に破壊され,以後リュディアアケメネス朝ペルシアマケドニアガラテアなどの支配を受け,前2世紀末廃虚となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルディオン【Gordion】

古代フリュギアの首都。ラテン名はゴルディウムGordium。遺跡の現代名はヤッシ・ヒュユクYassi Höyük。トルコアンカラの南西約80km,サカリア(サンガリウス)川の右岸にある500m×350mのテル。1950年から数年間ペンシルベニア大学ヤングR.S.Youngが発掘して,前8~前7世紀のフリュギアに関する知識は一挙に増大した。テルは5層に大別され,発掘によって前3千年紀末の青銅器時代に居住が始まったこと,ヒッタイト新王国時代および初期フリュギア時代層,およびその上のフリュギア時代層が明らかにされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴルディオンの関連キーワードキュベレフリュギアフリュギア語ラオディケアゴルディオスの結び目Сердикаゴルフ・ギアリュディア王国フリュギア王国フリュギア人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴルディオンの関連情報