コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーカレー Gokhale, Gopala Krishna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーカレー
Gokhale, Gopala Krishna

[生]1866.5.9. インド,ラトナーギリ
[没]1915.2.19. インド,プーナ
インドの政治家。初めファーガソン・カレッジの歴史・経済学教授。 1899年,ボンベイ州立法参事会員,1902年中央立法参事会員。 05年インド国民会議派議長となり,会議派内穏健派の指導者として活躍した。社会改革運動,教育問題などに尽力し,05年インド社会奉仕協会を創立した。

ゴーカレー
Gokhale, Vasudev Vishwanath

[生]1901.3.20.
[没]1991.12.4.
インドのインド学仏教学者。ボンベイ,ビシュバ・バーラティー,ハイデルベルク各大学に学ぶ。プーナ大学教授。主著は"Pratītyasamutpāda Śāstra des Ullaṅgha" (1930) ,"Vasubandhu's Abhidharmakośakārikā" (46) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴーカレー【Gopāḷ Kṛṣṇa Gokhale】

1866‐1915
近代インドの教育者,政治家。社会改革の分野でも活動した。1897年以来何度か渡英し,イギリス自由主義の影響を受ける。国民会議派に参加し,1905年の年次大会議長もつとめるが,親英的穏健派グループを代表し,ティラクら急進的民族派と対立。同年,教育・社会改革を目的とするインド奉仕者協会Servants of India Societyをプネー市に設立。ガンディーの南アフリカでの闘争を支持し,しばしば彼に助言を与えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴーカレー
ごーかれー
Gop Kuha Gokhale
(1866―1915)

インドの政治家。インド西部マハラシュトラ出身。大学卒業後ティラクらと民族教育の推進に努め、社会改革の分野でも活動。1897年以来何度か渡英し、イギリス自由主義の影響を強く受ける。国民会議派に参加し、1905年に大会議長となるが、親英的穏健派グループを代表し、ティラクら民族派指導部と対立した。同年プーナに、青年の社会・教育活動を指導するため「インド奉仕者協会」を設立。1910年、インド総督下の中央立法参事会メンバーとなった。M・G・ラーナデーやナオロジーらの影響で、インド経済に関する発言も多い。ガンディーの南アフリカでの闘争を支持、助言を与えた。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ゴーカレー

生年月日:1866年5月9日
インドの政治家
1915年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のゴーカレーの言及

【インド奉仕協会】より

…インドの政治・倫理団体。国民会議派の指導者の一人で,立憲的自治運動に尽力したG.K.ゴーカレーによって,1905年プネー(プーナ,マハーラーシュトラ州)に設立された。さまざまな分野の人を集め,各分野で考えうるあらゆる立憲的手段を講じ,インド人の真の利益を図るために奉仕する伝道者を育てることを目的とした。…

※「ゴーカレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴーカレーの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)インド奉仕協会生年月日ジンナーマラータ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android