コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴールディング ゴールディングGolding, Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴールディング
Golding, Arthur

[生]1536頃
[没]1605頃
イギリスの翻訳家。 P.シドニーの友人。オウィディウスの『変形譚』 (1565~67) ,カエサルの『ガリア戦記』 (65) などラテン語からの翻訳のほか,フランス語からの翻訳もある。オウィディウスの訳はシェークスピアによって利用された。

ゴールディング
Golding, William (Gerald)

[生]1911.9.19. コーンウォール,ニューキー近郊
[没]1993.6.19. コーンウォール,ファルマス
イギリスの小説家。神話的,寓意的手法を用いて,人間の条件を問う作品で知られる。オックスフォード大学卒業後,教職につき,1940年海軍に入る。処女作『蠅の王』 Lord of the Fries (1954) は,バランタイン少年冒険小説『サンゴ島』 (1858) をパロディー化し,孤島に投出された少年たちの物語に仮託して,核時代の極限状況を探究したもので,第2次世界大戦後の最も重要な小説の一つとされる。以後,ネアンデルタール人の目を通して人類をみた『後継者たち』 The Inheritors (1955) ,『ピンチャー・マーティン』 Pincher Martin (56) ,『自由な転落』 Free Fall (59) ,『尖塔』 The Spire (64) ,『ピラミッド』 The Pyramid (67) ,『通過儀礼』 Rites of Passage (80) などの問題作を出した。ほかに,戯曲『真鍮の蝶』 The Brass Butterfly (1958) がある。 83年ノーベル文学賞を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴールディング(William Golding)

[1911~1993]英国の小説家。人間の原罪をテーマにした作品を多く発表。1983年ノーベル文学賞受賞。作「蠅(はえ)の王」「後継者たち」「通過儀礼」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴールディング

英国の小説家。孤島に漂着した少年たちを主人公にした寓意(ぐうい)的小説《蠅の王》(1952年)で第2次大戦後の重要作家として注目された。続いて《継承者たち》(1955年),《ピンチャー・マーティン》(1956年),《自由な落下》(1959年)などを発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴールディング【William Golding】

1911‐93
イギリスの小説家。オックスフォード大学卒業後,1934年から40年まで小劇団の座付き作者兼俳優。その後海軍軍人として第2次大戦に参加,除隊後は高校教師(1945‐54)をつとめた。54年,核戦争下に孤島に漂着した少年たちが原始的な悪に染まってゆく姿を描いた寓話《蠅の王》を発表,18,19世紀のイギリスの漂流孤島文学(特に少年もの)をパロディ化したこの作品は,その反楽天的な人間と透明な文体で一躍文壇の注目を浴びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゴールディング【William Gerald Golding】

1911~1993) イギリスの作家。核戦争の後、孤島に漂着した少年たちが堕落してゆくさまを描いた寓話的小説「蠅の王」で有名となる。以後人間の倫理を追求する作品を発表。他に「後継者たち」「通過儀礼」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴールディング
ごーるでぃんぐ
William Golding
(1911―1993)

イギリスの小説家。コーンウォール生まれ。オックスフォード大学卒業後、劇場に関係していたが、1939年以後はイングランド南部の中学校の教師を勤め、第二次世界大戦中は海軍で活躍。戦後ふたたび教職に戻ってから書いた小説『蠅(はえ)の王』(1954)で一躍有名になった。「怒れる若者たち(アングリー・ヤングメン)」と同時にデビューしながら、この処女作や、ネアンデルタール人対ホモ・サピエンスという主題の第二作『後継者たち』(1955)に発揮された彼の神話的想像力は独自のものだった。『ピンチャー・マーティン』(1956)、『自由な転落』(1959)、『尖塔(せんとう)』(1964)、『ピラミッド』(1967)から『通過儀礼』(1980)に至るまで、透徹した方法性とイギリス的倫理性を結合しつつ、重厚な小説世界を実現している。1983年ノーベル文学賞受賞。[高橋康也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゴールディングの言及

【バランタイン】より

…人間の善性に対する楽天観が当時は好評を呼んだが,20世紀になって批判された。W.ゴールディングの《蠅の王》(1954)は,この作品のパロディでもある。【小池 滋】。…

※「ゴールディング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴールディングの関連キーワードデュシャン(Marcel Duchamp)ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥジャマイカ労働党ゴウルディングイギリス文学9月19日高橋康也オーツ倫理

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴールディングの関連情報