コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サジュウ サジュウsaj`

2件 の用語解説(サジュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サジュウ
サジュウ
saj`

アラビア語の修辞上の術語。散文を綴る場合に,短い間隔をおいて韻を合せた言葉を入れていくこと。言い換えれば韻をふんだ美文であるが,詩と異なるのは,いかなる韻律 (メーター) にも従っていないことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サジュウ
さじゅう
saj‘

アラビア語で押韻散文の意。アラブ詩の原形とみる説がある。定型化した一般のアラブ詩が脚韻と韻律をもっているのに対して、韻律をもたず、脚韻だけからできている。ジャーヒリーヤ時代のカーヒン(巫女(みこ)のこと)が神の託宣を伝えたり、その他の宗教的な説教や演説をしたりするのに用いられた。ムハンマド(マホメット)も啓示を、サジュウを多く用いて伝え、これがコーランの文体の特徴をなしている。そのため彼は、カーヒンとか詩人の同類にみなされたが、「迷う者は詩人に従う。汝(なんじ)は、彼らがあらゆる谷間をさまよい歩く様子を見なかったか、自分では実行もしないことを口にするのを。」(コーラン26―224以下)との啓示を得て、彼らとは一線を引いている。9世紀中葉以降、サジュウはカリフの説教などに用いられ始め、マカーマ文学で頂点に達した。以後今日まで散文修辞法の主要なものの一つとなった。[池田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone