コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サジュウ サジュウ saj`

2件 の用語解説(サジュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サジュウ
サジュウ
saj`

アラビア語の修辞上の術語。散文を綴る場合に,短い間隔をおいて韻を合せた言葉を入れていくこと。言い換えれば韻をふんだ美文であるが,詩と異なるのは,いかなる韻律 (メーター) にも従っていないことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サジュウ
さじゅう
saj‘

アラビア語で押韻散文の意。アラブ詩の原形とみる説がある。定型化した一般のアラブ詩が脚韻と韻律をもっているのに対して、韻律をもたず、脚韻だけからできている。ジャーヒリーヤ時代のカーヒン(巫女(みこ)のこと)が神の託宣を伝えたり、その他の宗教的な説教や演説をしたりするのに用いられた。ムハンマド(マホメット)も啓示を、サジュウを多く用いて伝え、これがコーランの文体の特徴をなしている。そのため彼は、カーヒンとか詩人の同類にみなされたが、「迷う者は詩人に従う。汝(なんじ)は、彼らがあらゆる谷間をさまよい歩く様子を見なかったか、自分では実行もしないことを口にするのを。」(コーラン26―224以下)との啓示を得て、彼らとは一線を引いている。9世紀中葉以降、サジュウはカリフの説教などに用いられ始め、マカーマ文学で頂点に達した。以後今日まで散文修辞法の主要なものの一つとなった。[池田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サジュウの関連キーワードアラビア湾アラブ人カリーラとディムナアラビア馬アラビア数字アラブアラビア糊アラビアンライトアラビストハリール・ブン・アフマド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone