コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サチュリコン サチュリコン Satyricon

2件 の用語解説(サチュリコンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サチュリコン
サチュリコン
Satyricon

ローマの作家ペトロニウスの作とされる小説。散文に韻文の交ったメニッポス風サトゥラの形式で,2人の悪漢エンコルピウスとアスキュルトスおよび従僕ギトン南イタリアの町々への冒険旅行を物語る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サチュリコン
さちゅりこん
Satyricon

ローマの詩人ペトロニウス作とされる古代の悪漢小説(ピカレスク)。エンコルピウスという若者がいかがわしい2人の同伴者とともに南イタリアを主舞台にさまざまな冒険を行う物語。現存するのはそのごく一部とみられ、解放奴隷出身の俗悪な成金トリマルキオの邸宅の宴会場面が主要部をなし、別名『トリマルキオの饗宴(きょうえん)Cena Trimalchionisともよばれる。散文を主体としながら、同時代の叙事詩のパロディーと思われる韻文が混じる「メニッポス風」とよばれる特異な文体で書かれている。ギリシア伝奇小説をもじったもので、下層社会への異常な関心と俗物への痛烈な風刺で一貫し、ネロ帝治下ローマ社会の卑猥(ひわい)な一面が生々しく描き出される。ローマ文学史上異色の作品として知られるだけでなく、作中の人物が口にする卑俗な会話は希少なラテン俗語資料として重要である。[松本克己]
『岩崎良三訳「サテュリコン」(『世界文学大系64』所収・1964・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サチュリコンの関連キーワードペトロニウスペトロニウムローマの松ローマの祭古代ローマの航跡をたどれタイトロープ・マンメービウスの環ローマの噴水ローマの祭りペトロニウス・マクシムス

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone